送った送ってない…届いた届いてない…お返し貰った貰ってない…。

トラブルの元だらけな実家同士のお歳暮•お中元のやりとりは私は速攻辞めるべきだと思うのですが、何故か今だにそんなやり取りは続いてしまっているのです。

スポンサーリンク

あり得ないお歳暮トラブル

じゅこ
私の実家と義実家は毎年お中元、お歳暮をやり取りしています。

年2回、毎年やりとりするのは大変なのでやめてもいいのにと思うのですが、どちらもやめずに続けてしまっているようです。

このトラブルは、そんな実家同士に起こった出来事です。

ウチの母の携帯に、お義母さんからお歳暮のコーヒーの詰め合わせが届く旨の電話がありました。

以前も描きましたが、うちの母は生粋の京都人です。

面と向かって人を批判するような事はしませんが、周りくどく批判をする事があり、そう言う場合はかなり頭に血が上っている、激おこ💢モードな時です。

今回もかなりの激おこモードで、

「あの方は面白いお方やなぁ。」

「こんな愉快なお歳暮はじめてやわ。」

を連発していました。

(面白いお方=失礼な人)

(こんな愉快なお歳暮はじめて=こんなに馬○にされた事は生涯忘れない。)

しかし、うちには間違えて送った干物が届き、それを義母の友達に転送し、あまつさえお返しの品も送ったのに、

うちに送るはずだったコーヒー☕️は一体どこに行ったのか。

その友達の家に行ってしまい、もう飲んでしまったからこちらには転送出来なかったのでしょうか…。

それならば違う品を送るとか、詫び状を送るとか、色々やる事があったはずです。

真実は分かりませんが、母が

「面白いお方やわ。」

と言う気持ちはとっても良くわかります。

スポンサーリンク

どうしたらお歳暮を辞めさせられるのか?

こんな面倒なトラブルもあったのだから、もう実家同士のお歳暮•お中元などやめてしまう方が良いと思うのですが、今だにそのやり取りは続いているようです。

これはおそらくどちらも意地というか、実家マウントをどちらも取りたいが故に、今まで続いてしまった事のように思えます。

私自身も両実家から、あれを送ったこれを送ったなど、どうでも良い話を聞かされてしまうので、本気で辞めさせたいのです。

どうすればいいか辞めさせられるか、一度本気で考えました。

今は色んな企業間でも、お中元お歳暮のやり取りを禁止されている企業さんが多くなっています。

やはり単なる建前の金品のやり取りより、実際の企業のサービスの実力が問われる時代となって来たのでしょう。

なので、もうお歳暮•お中元は今の時代にそぐわない、物を送ったからと言って実家マウントで有利になる事は無いと、ハッキリどちらの実家にも伝える事が大事かと思います。

っと、そんな風に以前は考えていましたが、コロナ禍の世の中になり、今まで以上に顔を合わせてコミュニケーションが取りづらくなった今、お中元•お歳暮で日頃の感謝を伝える事も、悪い事では無いと、思うようになりました。

しかし、そう思いだしたからこそ、あの時の失礼な義母からのお歳暮に…???を感じずにはいられないのでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしょう