私がスマートウォッチダイエットに成功したおすすめ機種

私は約5年前からスマートウォッチを愛用しており、スマートウォッチを毎日つける事によって10kgのダイエットに成功した経験があります。

スマートウォッチは腕にはめておくだけで自動で自身の心拍数を感知してくれて、心拍数が上がり、脂肪が燃えやすい脂肪燃焼ゾーンと言われる心拍数に達するとバイブで知らせてくれるので、非常に効率的に脂肪を燃焼しながら運動が出来てダイエットにとても役立つアイテムです。

また、睡眠時にもつけておく事で、睡眠時の心拍数からレム睡眠・ノンレム睡眠を自動で感知し、それをスマホのアプリに記録してくれるので、自分の睡眠の質を翌朝に把握する事も出来たりします。

心拍数からその日の消費カロリーも自動で計算してくれて、それをスマホのアプリに自動で記録してもらえたり、アプリから摂取カロリーの記録も簡単に入力出来てそれらをアプリ内でグラフ化することも出来、記録ダイエットのお供としても非常に優秀な一品です。

私は5年前にEPSONのパルセンスと言うスマートウォッチを購入し、5年間毎日お風呂以外はずっとそのパルセンスを付けて生活していました。

パルセンスはスマートウォッチとしては非常に優秀で、上に書いた機能が全くストレス無く使えるのに、お値段も非常にお手頃で、私が買った時のお値段は約8000円でした。

当時からアップルウォッチやFitbitと言うスマートウォッチが販売されていましたが、やはりお値段が高く、軽い気持ちで購入できる代物ではありませんでした。

しかしパルセンスは日本の代表的な企業であるエプソン製と言う安心感があるのに、お値段はお手頃と、本当におすすめできる買って損のないスマートウォッチだと私は言い切れました。

しかし、残念なことにパルセンスは数年前に販売終了してしまいました。

最近では中華製の安価なスマートウォッチが市場に反乱していて、パルセンスもその影響を受けたのかもしれません。

私は数年前にパルセンス販売終了を知ったのですが、とても使いやすかったので今使っているパルセンスが壊れても、また同じものを買おうと決めていたので販売終了が非常に残念に思いました。

それから数年、毎日大事に使っていたパルセンスは、ついに今年充電が出来なくなってしまい、壊れてしまったのです。

スマートウォッチダイエットにおすすめしない機種

しかし毎日パルセンスのある生活をしていた私は、スマートウォッチが無いと何だか物足りない感じがして、パルセンスに代わるスマートウォッチを購入する事にしました。

今、このパルセンスを購入しようと思うと、フリマサイトやオークションなどで中古品を購入する事になります。

流石に毎日腕にはめる物を中古で買うのは気が引けます。

そこで私は、ひょっとするとドン・キホーテなどで売っている、中華製のスマートウォッチも最近では性能もあがってパルセンス並みになっているかも…と思い、4000円程度の中華製を購入してみました。

しかし、この選択は大失敗に終わりました…。

アマゾンなどではこう言った安価な中華製スマートウォッチに非常に高い評価がついていて、良い商品なのかな?と錯覚してしまいますが、実際はパルセンスを長年愛用した私からしたら、おもちゃ程度と言わざるを得ませんでした。(アマゾンの良い口コミはサクラ疑惑?)

非常に簡易的な心拍数計と万歩計の替わりにはなり得ますが、一番大事な脂肪燃焼ゾーンに入った事が分かりにくかったり、消費カロリーも自動で出なかったり(心拍数から計算して自分で出す事は可能です)、私の買った中華製スマートウォッチは、スマートウォッチの一番大事な機能が欠落していました。

そしてそもそも毎日腕につける物なのに装着感が悪く、デザインもあまり…で、私はその中華スマートウォッチをたった三日で処分してしまいました。

私はこの経験から、安価な中華製スマートウォッチは口コミが良くても絶対におすすめ出来ないと言いきれます。

それでも新しいスマートウォッチが欲しいと言う私の欲求はおさまらず、結局私は新しいスマートウォッチとして、ついにキングオブスマートウォッチとも言える「アップルウォッチ」を購入する事にしたのです。

スマートウォッチダイエットにおすすめの機種はやはりAW

私が購入したアップルウォッチは、ApplewatchSEと言われる機種で、購入金額は3万円弱。

パルセンスに比べたら高価ですが、やはり安心のアップルと言わざるを得ず、スマートウォッチの性能としては当たり前ですが、完全にパルセンスの上でした。

脂肪燃焼ゾーンの把握も、消費カロリーの記録も勿論簡単に出来ますが、パルセンスと違うのは、それらの記録を行うスマホアプリを多数のアプリ内から自分で使いやすいアプリが選べる事です。

私は最初からプリセットされているフィットネスとヘルスケアのアプリと、Zonesと言うアプリを使っていますが、こちらのアプリが互いに互換性があって非常に使いやすいです。

摂取カロリーを記録したい場合にも、有名なあすけんと言うアプリを使うと自動でヘルスケアに記録されるようになっています(私は摂取カロリーまでは記録していませんが…。)

また、当然ですがAirPodsなどのワイヤレスイヤホンを使えば、スマホが無くてもアップルウオッチから音楽を聴く事が出来、運動のお供に音楽を気軽に聞く事が出来ます。

セルラーモデルなら例えばスマホや財布を家に置いていても、アップルウォッチさえあればジョギングやウォーキング中に電話やラインを受ける事も出来、音楽を聴く事も出来、アップルペイでコンビニで飲み物を買う事も出来、脂肪燃焼ゾーンの計測に消費カロリーの記録、運動に必要な要素をすべて一つでこなしてくれるのです。

私はセルラーモデルのアップルウォッチは購入しませんでしたが、セルラーモデルでなくても、スマホをポケットやウエストポーチの中に入れっぱなしなら同じことが可能です。

天気の良い日はiPhone・Applewatch・ AirPods の三種の神器を持ってウォーキングを行う事が私の最近の日課で、もうこの三種の神器が無いと毎日の生活が成り立たなくなっていると言っても過言ではないです。

ちなみに私の買ったアップルウォッチの機種はSEですが、機能とデザインと値段のバランスが丁度良いのがこのSEと言うモデルです。

SEより安価なApplewatch3と言う機種は、SEと機能的にはほとんど変わりはありませんが、本体のカラーバリエーションが少ないです。

また、Applewatch7と言う現行モデルは、血中酸素の計測が出来たり、カラーバリエーションも豊富だったりとおすすめなのですが、お値段は高いです。

SEは丁度その中間と言う感じで、3よりはカラーバリエーションがあり、7よりは性能は落ちるがお値段は安いと、日ごろの運動不足を解消するためなら、まさに丁度良い性能だと言えるでしょう。

スマートウォッチ生活を始めて5年…アップルウォッチにより私の生活はアップルウォッチを中心とした健康的な生活に変わろうとしています。

今スマートウォッチダイエットの為にスマートウォッチを購入されるなら、下手な中華製の安価な物を買うより、思い切ってアップルウォッチを買う方がおすすめだと私は自身の経験から言いきれます。

購入を検討されている方に、この記事が少しでも役立てたら幸いです。

おすすめの記事