折角の誕生日プレゼントに、すでに家にあるおもちゃと同じ物で良いはず無いやん!

流石にこの言動には、私も義母に対して激おこ状態を通り越して呆れ返る状態に、ならざるを得ませんでした。

スポンサーリンク

何故義母まで説得する羽目に…

このエピソードも一種の孫フィーバーでは無いでしょうか。

今回の話は、初めて姑が孫に誕生日プレゼントを買ってくれた時のお話です。

この日まで、義母は孫にプレゼントなどを買ってくれたことがありませんでした。

幼稚園のママ友さんとお話しすると、誕生日やクリスマスにはおじいちゃんおばあちゃんが色々と買ってくれると言うお宅も多く、それはそれで気も使うでしょうが、孫にとっては良い思い出になるでしょうし、こちらも嫌な気持ちにはならないでしょう。

孫フィーバー満開の義母でしたが、オモチャの買い与えだけは無かったので、少し安心していたのですが、⬆️の漫画の様に訳の分からない所で孫フィーバーが爆発してしまいました。

すでに家にあるオモチャを、もう一つ欲しいと言い出した息子に加勢し、誕生日プレゼントをそれで済ませようとしたのです。(きっとそのオモチャが安かったから加勢したのでしょう…。)

結局、何とか二人を説得し

(子供だけなら怒って終わりですが、義母が加勢したので余計大変でした。)

子供に大人気の、あのパンのキャラクターのおもちゃに変更させました。

息子は学校に上がるまで、そのおもちゃを大事にして遊んでしました。

もう遊ばなくなっても、いとこに譲り、たまにいとこの家に行った時にそれで遊んでいます。

なぜ、息子がその時に家にあるおもちゃと同じ物を欲しがったのかは、5年経った今でも謎のままです。

スポンサーリンク

私は常に悪者…

上の方でも書いたのですが、義母が孫フィーバーに乗じて孫を確実に贔屓する心理は、自分が孫に好かれる事によって、嫁(私)にマウントを取りたいからだと、私は考えています。

なので、おもちゃ一つ買うのにも、意見が分かれてしまったら、私は悪者にされています。

確かにイライラします。

しかし、何度も書きましたが、自分の子どもは必ずお母さんの味方をしてくれます。

どんなに嫁にマウントを取ろうと、義母が孫を贔屓したり、孫フィーバー満開で可愛がって甘やかしても、

「お母さんよりおばあちゃんが好き。」

とは、ほとんどの場合ならないと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
おすすめの記事