シリコンスチーマーでレンチンでほうれん草を茹でるのが横着だと言う義母…。

しかしそのほうれん草にかける胡麻は市販のすでにすりおろしてあるすりゴマを使われていました…。

ほうれん草にかけるゴマは炒って、食べる前にすり鉢で擦った方が絶対に美味しいと思うのですが…一体どっちが横着なのでしょう…。

スポンサーリンク

ほうれん草はレンチン派

栄養たっぷりお野菜の代表格【ほうれん草】

じゅこ
ウチでもほうれん草は常に食卓の中心で、おひたしや胡麻和えを常備菜として、冷蔵庫に作り置きしてあります。

朝食や夕食の一品として、お弁当のおかずとして、色合いも良いので大変重宝します。

しかしほうれん草は大きな鍋にお湯を沸かして、グラグラと煮ないといけないのが正直かなりの手間でした。

ほうれん草はえぐみがあるので、キチンと茹でてアクを取らないとえぐみが消えない、と言うのは常識です。

当然ウチでも、結婚当初はキチンと茹でて、アク抜きをしていました。

しかし、ネット情報と言うものは、本当に素晴らしい…。

レンジでチンして熱を通し、それから五分くらい水にさらすやり方でもちゃんとアクが抜けてえぐみもなくなり、茹でるよりも栄養価が残ったままだと、Google先生に教えて頂きました。

今まで大きな鍋を使って煮ていた事を思うと、時間も洗い物の手間も半減です。

ちなみに私はレンチンで茹でる際は、シリコンスチーマーを使っています。

シリコンスチーマーにほうれん草を切って入れ、少し水を入れて、蓋をずらして2、5分ほどレンチンします。

レンチン後は、そのままシンクに持っていって(熱いのでご注意下さい)水を入れ、5分ほど置きます。

これでアクがほぼ抜けたので、少しだけ流水ですすいで水を切り、そのまま保存容器の蓋をして冷蔵庫に入れて、終わりです。

あとはおひたしにしたり、胡麻和えにしたり、玉子スープに後入れしたり、自由自在に使えます。

スポンサーリンク

でもゴマは擦る。

ほうれん草はレンチンで時短調理をしてますが、ほうれん草にかけるゴマは、絶対に食べる前にフライパンで炒ってから、すり鉢で擦ります。

以前は私も市販のすりごまを買ってきて、そのままかけるだけでした。

しかし、子供がなかなかほうれん草を食べてくれなかったので、調理師をされている友達に相談すると、ゴマを炒って擦ってみてはどうかと提案されました。

正直、面倒だなと思ったのですが、最初は騙されたと思って言う通りにしてみました。

すると、最初はいつも通り嫌々口に運んでいたのに、美味しい美味しいと、パクパク食べれるようになったのです。

ゴマをしっかりフライパンで炒ったので、香ばしいゴマの香りや味が増したのでしょう。

そしてすり鉢ですると、さらに香りが増し、食欲を増進させてくれたのかもしれません。

それ以来ウチでは、茹でるのはレンチンですがゴマはしっかり擦るのが定番になりました。

じゅこ
ゴマ擦りは面倒ですが、テレビを見ながらでも出来るし、子どものお手伝いにもぴったりで、楽しみながら擦ってます😄

最後までお読み頂きありがとうございました。

ランキングサイトに登録しています。

下のバナーからランキングの応援をお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしょう