大事な小学校の入学式の前に、鼻に大きなニキビが出来てしまったウチの息子。

その時の記念写真にはしっかりと鼻のニキビが写ってしまっています。

スポンサーリンク

義母に預けた24時間

2019年の春に小学校一年生になった息子ですが、一人息子の人生一度の入学式という事で、親としては大切な思い出をしっかり綺麗な写真に残そうと気合を入れていました。

そんな頃、私達夫婦は用事で子供を義母に預け、丸一日出かける事になってしまいました。

用事を終わらせ、翌日義実家に戻ったのですが•••。

義実家に戻った私達夫婦は、息子の鼻を見て愕然としました。

昨日までは存在しなかった大きなニキビ(と言うか吹き出物)が出来ていたのです。

今まで息子は何を食べてもニキビなど出来たことが無かったので、全くのノーマーク案件でした。

しかし、いくら息子の好物だからと言って、三食全てに唐揚げとフライドポテトを食べさせるとは…義母の行動は私の想像をはるかに超えていました。

小学校の入学式は後2〜3日。

写真撮影の予約もしてあります。

じゅこ
何とか2〜3日で消えてくれないか願いましたが、その願いも虚しく、一生に一度の小学校の入学式の写真には、しっかりと大きなニキビが写ってしまっているのでした。
スポンサーリンク

子どもは食べ物の影響を受けやすい

今回の一件で、子供がどれほど食べ物の影響を受けやすいのか、再認識させられました。

ウチの子は幸いながら、洋食より和食を好むタイプだったので、普段の食生活は和食中心にしています。

和食と言っても手の込んだ物はほとんど作らず、煮物や汁物を鍋いっぱい作って、作り置きしておくやり方です。

主菜だけ、焼き魚や煮魚を魚の種類を変えて、違う物を出すくらいです。

手の込んだ洋食はそもそもあまり食べないし、作るのも面倒なのでほとんど作っていません。

唐揚げやフライドポテトは、確かにウチの子も大好物です。

でも、どう考えても毎日そればかり出すよりは、和食の方が身体にも良いだろうし、たまの外食の時だけそれらを食べても良い事にしています。

義母はどちらかと言うと洋食が得意なので、この時ばかりと自分の腕を奮って、孫に美味しい洋食を食べさせようとしたんだと思います。

しかし、普段和食中心で洋食嫌い、唐揚げとポテトは大好き、な息子は結局義母の作る物は唐揚げとポテト以外食べれなかったんだと思います。

もっと預ける際に、こちらがキツく食事の事は言っておくべきだったと、反省しています。

じゅこ
そして息子には、今後も毎日の食生活をしっかり整えてあげて、ケアしてあげるのが親の務めだとも思うようになりました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

ランキングサイトに登録しています。

下のバナーからランキングの応援をお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしょう