ブラックな会社は人材が定着せず、人の出入りが激しいので、ハローワークに長期に渡って求人が出続けています。

人出不足で人材を素早く確保したい為、求人票には良い事しか書かれておらず、残業や休日出勤の事は絶対に記載されていません。

求人票を見て即食いついて、面接のエントリーをせずに、まずは会社の評判を地元の人に聞くなど、自分自身で会社の実態を調べましょう。

一旦入社してしまうと、辞める事は難しくなります!

ハローワークは頼れない!

自分らしくパート探しをしたい女性向け転職サイトはこちら⬇️

スポンサーリンク

求人票の嘘に騙され入社した会社

このパートブログについて

私がこのブログを書こうと決意したのは2020年の年末です。

ブログで何か長期に渡って書き綴れるネタが無い物かと思案していた時に、数年前にパート社員として勤めていた会社の事が頭に浮かびました。

当時は子供が幼稚園の年小で、まだまだ手がかかる年齢だった事と、主人が仕事で殆ど家におらず、ほぼ母子家庭状態だった中でのパート勤務で、本当に大変でした。

家族の問題以上に、その会社自体がはっきり言ってブラックで、私の精神も体力もボロボロ状態の数年を過ごす事になり、今でもその時の事は思い出すのが憚られるほどです。

ちなみに私がハローワークで仕事を探そうと思ったきっかけは、私の住んでいた地域のハローワークでワーキングママさん専用の窓口があり、ハローワーク内に託児所もあって働く女性に優しいアピールがあったからです。

求人も働く女性に優しい仕事を優先して紹介してもらえたり、就職後も先方の会社との間に立って、女性の働きやすさを会社側に要求して頂けるとの事で、ハローワークでの就活を行う事に決めたのです。

正直言うとパートタイマーとしての求職なので、ハローワークを通さなくてもそれなりの仕事を見つける事も出来たでしょうが、万一就活中に何かのトラブルがあった時に、誰かしらに相談が出来る環境を作っておきたかったのも、ハローワークを通す事にした理由でもあります。

ハローワークさんには、急いで仕事を探している訳では無いので、ゆっくりと自分にあった仕事を探したい、と伝えました。

担当の方もそれを理解して頂けたのですが、それからわずか数日後に、自宅に一枚の求人票が届きました。

↑こちらも合わせてお読みください。

良い事ばかり書いてある求人票はまず疑え!

ブラックパートとして働く事になってしまった私の最大のミスは、ハローワークから送って来られた求人票をそのまま信じて、すぐに面接のエントリーをしてしまった事です。

今思うと、この時に会社の評判をしっかり調べておけば、精神的にも体力的にも疲弊して家族に迷惑をかける事も無かったし、なかなか辞めさせてもらえず、辞める事自体で精神をすり減らされると言う状態にはならなかったのです。

一応私はネットで会社の評判を調べはしました。

しかし、なぜかネット上にはその会社の良い事しか書かれておらず、悪評は一切ありませんでした。

それで安心して面接のエントリーをした訳ですが、都会の大会社ならともかく、地方の小さな企業の評判はネット任せにせずに、ちゃんと地元を良く知る人に聞いて調べるべきだったと後になって後悔しました。

後々地元の方に話を聞くと、皆さん口をそろえて、

「あの会社はやめとけ…。」

と言われるのです。

また、求人票に書かれていたことも、殆どが嘘でした。

残業無し休日出勤無しの、定時9時~15時と言う内容でしたが、入社して一度も定時に帰れた事は無く、時には休日出勤もさせらました。

求人票を頂いた時にいい事ばかり書かれている事をもっと疑ってかかり、面接に行く前に先方やハローワークにきちんと確認しておくべきだったと悔やんでいます。

今後、パートを探そうと思われている主婦の皆さま、良い事ばかりが書かれている求人票には、絶対に注意してください。

そしてハローワークにいつまでも求人が出続けている会社は、ほとんどの場合ブラックだと思って下さい。

スポンサーリンク

求人票からブラックパートを見抜く5つのポイント

ここからは私が実際に感じた、ハローワークの求人票からブラックパートを見抜くポイントをご紹介します。

あくまでも私自身の経験から感じた私感ですので、参考程度によんで頂けたらと思います。

①求人の間口が広すぎる

年齢不問•初心者OKなど、どんな人でもウエルカムな書き方には注意が必要です。

普通なら会社側は、即戦力や長期間に渡っての労働力を求めるはずです。

人材が定着し無さすぎて猫の手も借りたい状態で、初心者なのにレベルの高い仕事をいきなり任されて、責任まで押し付けられる可能性大です。

②給料以外の条件が良すぎる

給料や時給は地域の平均以下なのに、定時は9時から15時、残業も休日出勤も無し…パートでの雇用形態を望む主婦は、時給よりも時間や休日出勤の有無の方が重要になって来るので、思わず飛びついてしまいたくなる条件です。

しかし、実際入ってみると、定時は一応決められているのに帰りにくい雰囲気だったり、普通に定時ギリギリに仕事を押し付けられたりします。

また、時給が安いならそこまで重要な仕事を任せられる事は無いだろう…とも考えてしまいがちですが、ブラックな会社は低時給で普通に重要な仕事を任せて来ます。

これも、人材不足の為に求人票には建前上良い条件を書いてあるだけだと思って下さい。

本当なのは低い時給だけです。

③具体性が無いのにやる気重視をアピール

これも求人票によく書かれている謎の文言です。

具体的な仕事内容に関してはあまり書かれていないのに、無駄にやる気がどうのと書かれていた場合は、自分の担当範囲外の事もやらされた上に、やりがい搾取をされる可能性が大きいです。

ちょっと話は違いますが、時給800円台の事務職のパートに、「元看護師さん募集」などと書かれていた事もありました。

看護師さんのような激務を、時給800円代でさせようとしているのか…?と思った事もありました。

④自由で和やかな社風をアピール

社員同士が仲が良いとか、明るくて自由な環境だとか、イメージだけで雰囲気の良さをアピールしてあるのは、実際は真逆である可能性大です。

本当に自由で和やかな会社は、わざわざそんな事を書きません。

そう書いておけばイメージが良いから書いてあるだけです。

⑤長期間に渡って求人票が出し続けてある

上にも書いていますが、これがハローワークで求人票を見る際の一番のポイントだと言う事はよく知られています。

理不尽で労働環境が悪い会社は人材がなかなか定着しないので、どうしても長期間渡って求人票を出し続け無ければならないのです。

これを見極めるには、こちらも長期間にわたって求人票を見続けなければならないので大変です。

元々の地元の企業なら、あの会社はやめておけ…と言った噂も聞かれるかと思いますが、例えば引越して来て、新しい土地でパート探しをしようと思われたなら、なかなか地元の評判なども仕入れづらいかと思います。

実は、ブラックパート化しやすいのは、引っ越して来たその土地をよく知らない人である事が多いのです。

そして会社側もそう言う層を上手く雇用しようと狙っているのです。

地元人間なら求人票にどれだけ良い事ばかり書いてあっても、騙される人は少ないでしょう。

なので結局、地元民に相手にされない→求人票が長期間に渡って出続けると言う要因にもなってしまうのです。

スポンサーリンク

ハローワークの現実について

ハローワークに健全な会社はほとんど無い!

色々と書いて来ましたが、ほとんどのハローワークの求人票はブラックじゃ無いのか?と思われてしまうかもしれませんが、実はそれが現実です。

実際に体験して分かった事ですが、ハローワークに出されている求人票の中から健全な会社を見つける事の方が難しいのです。

冷静に考えると、ハローワークに求人を出す会社と言うのは、中途で退職者があった会社と言う事です。

結婚や引っ越しでの退職と言うのもあり得るかもしれませんが、非常にその確率は低いでしょう。

おそらくほとんどの場合が、会社が合わなくて辞めた…が本当の理由じゃ無いでしょうか。

どうしてもハローワークでの就活をしたいのなら、健全では無いと分かった上でその会社に飛び込み、最初のうちは我慢を重ね、その会社内で妥協点や落とし所を見つけて行くしか方法は無いかと思います。

ハローワークでブラックパートを避ける唯一の方法

それでも掃き溜めに鶴と言う諺もあるように、根気よく探せば中には健全な会社も希少ながら存在します。

私の知り合いに、ハローワークに5年と通い詰め、何度も何度も転職を重ねながらも現在は非常に待遇の良い職場をハローワーク経由で見つけ出した方がいます。

その方曰く、何度もしつこくハローワークに通い、職員の方に顔を覚えられて最終的には嫌がられるほどしつこく通ってやっと納得の行く仕事を紹介して貰えたと言っていました。

結局、ハローワークで良い職場を見つけるには、時間と根気と執念で窓口の職員さんをねじ伏せる事が唯一の方法のようです。

そもそもハローワークの職員さんの言う事まで聞き分けよく聞いて素直に働く人は、企業にとっては非常に都合良くどうとでも扱えるまさにブラック企業向けの人材であると言えます。

自分自身で企業の情報をしっかりと集め、ハローワークの窓口ではこの人材は一筋ならではでは行かない執念があると思わせて、まずハローワークに舐められない、そう言った自己改革が、ブラック化を避ける近道であると思います。

そんなに時間をかけられない、しつこくハローワークに通い詰めるなんて出来ない、もっと気楽にパートを探したい…と思われる主婦の方には、女性専用転職サイトの利用がおすすめです。

↓この転職サイトでは、様々な事情を持ちつつ働きたい!と希望する女性がつきやすい転職案件が多数揃っています。

応募方法も、電話・専用応募フォームから選べ、相談にも適宜のって頂けます。

女性専用と言う事で、良い案件が働き盛りの男性向けだった…なんて事もありません。

はじめの一歩を踏み出して、貴方らしい働き方を見つけてみませんか?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしょう