自分の仕事は終わっているのに雰囲気的に帰れない…社会人になるとこんな思いを誰しも一度はした事があるのではないでしょうか。

しかし、定時が決められている主婦パートまでこの帰れない雰囲気に巻き込まれてしまうのはあまりに理不尽です。

そして、仕事が終わっているのに帰れない原因を作っているのは動きの悪い上司であり、中々仕事の確認をして貰えないブラック会社の特徴でもあります。

なぜなら、仕事が早く、確認も正確で素早い対応の出来る人材は既に流出してしまい、残った人材だけで何とか会社の形を保っていると言う状態なのです。

時には新入のパート社員の仕事を、キャパオーバーな上司が確認もせずにそのまま放置し、何かミスがあったらパート社員のせいにすると言う事も、普通にありうる事なのです。

スポンサーリンク

仕事が終わっているのに帰れない雰囲気の職場

ホワイトな企業の残業

その会社がブラックなのかホワイトなのかを見分ける一つの指針として、この

「仕事が終わっているのに帰れない雰囲気」

があるかどうかは重要です。

どんな会社でも、パートであれ正社員であれ、定時が来たら帰るが本来ならば当たり前なのです。

しかしその日の業務の進み様により、どうしても残業をせざるを得ない人のみ定時を過ぎても仕事を片付ける…それが本来の残業です。

万一上司が残業をしていても、部下の定時が来ていたら部下は残業などする必要は無いし、上司も部下を引き留めてまで残業をさせる事は本来できないはずです。

ホワイトな企業はその辺りがきちんとしていて、上司が部下の仕事内容を把握していて無駄な残業があまり無く、上司が率先して部下が無駄な残業をしない様に声掛けをし、定時で帰らせるような仕組みを作っているのです。

ブラックな企業の残業

一方ブラックな企業は、まず残業代が出る事がほとんど無く、サービス残業が当たり前と言う考え方が社内に蔓延しています。

そして、上司は例え部下の仕事が終わっていたとしても、自分だけがサービス残業をさせられるのが嫌なので、部下も巻き込んでやろうと、仕事が終わっているのに帰れない雰囲気をあえて作って、部下が帰り辛い雰囲気にしているのです。

要はこれは上司の部下に対する思いやり不足から起きる事案であり、思いやりが少しでもあればこんな事案は避けれそうなものですが、そもそもブラックな会社には思いやりという言葉すら存在せず、上司であれ部下であれ、誰しもが誰かと足の引っ張りあいをしている…それがブラック会社がブラックである所以なのです。

それが正社員同士なら、勝手にやってろ…とでも思えば済みますが、本気のブラックな会社は、定時がきっちり決めれていて、幼稚園のお迎えもある主婦パートまでもが、「仕事が終わっているのに帰れない」に巻き込まれてしまって、帰るに帰れないと言う状態にさせられてしまうのです。

そんな私の過去の経験をご紹介します。

スポンサーリンク

勤務内容は余裕

数年ぶりにパート社員として就職した会社は、経営者一族も上司達も不穏な雰囲気で、今後この会社で嫌な思いをせずちゃんとやって行けるのか、とても不安になる感じでした。

そんな中で早速初日の業務が始まりました。

業務の内容は、求人票に書いてあった事と相違は無かったので、(就業時間や残業の有無にはかなりの相違がありましたが…)少し安心しました。

人間関係はややこしそうですが、業務に入ってしまえばこちらのペースでやれそうだし、得意な分野でもあったので、意外と何とかなるかもしれないな…と私は仕事をしながら思いました。

スポンサーリンク

しかしそう簡単に行かない上司

業務内容は十分私にも出来るものでしたが、ややこしいのはその後でした。

この会社ではパートの仕事は、上司に確認印を貰う事になっていました。(←と言う体裁になっていたと言う方が合っていますが、入社したての私にはその辺りの事がまだ良く分かっていませんでした。)

先輩パートさんに出来上がった仕事を持っていくと、最終的に確認するのは上司なので、上司に確認印を貰ってくださいと言われました。

しかし、以前の記事でも書きましたが、確認していただける直属の上司は掴み所の無い雰囲気で、そう簡単に確認して印を貰えそうな感じではありませんでした。

案の定、新人の私の事など完全無視な感じで、一切確認をしようとしませんでした。

私も少し人見知り気質な面があり、初めてコミュニケーションを取る上司に、

「定時が近付いていますので、早く見て下さい!」

と強く言える勇気が無く(その内言えるようになりますが…)、私は上司を前に、立ちすくむ事しか出来ませんでしたし、その状況に助け舟を出してもらえるような人も現れませんでした。

しかも上司は確認印をくれるどころか、先に帰られたパートさんに任せる予定だった仕事まで振られてしまいました。

そうこうしている間に時間は過ぎ、退社時間の15時を迎えてしまったのです。

初めて使った延長保育

その日、勤務初日の私はしょうがなく残業する事になり、子供の幼稚園は延長保育を使う事にしました。

普通なら子供の幼稚園のお迎えは午後3時半までに行かなくてはなりません。

仕事などで延長保育を使う場合はその日の12時までに幼稚園に電話連絡する事になっています。

延長保育ではおやつが出るので、おやつの準備のために早めの連絡が必要なのです。

この日は残業する予定など無かったので、延長保育も利用するつもりはありませんでした。

しかしどうしようもないので、しょうがなく幼稚園に連絡を入れました。

すでに3時を回っていて、受け入れてもらえるのか不安でしたが何とか延長保育を利用させて頂けました。

無論、幼稚園側からは

「もっと早くに連絡を下さい!」

と怒られました。

仕事が終わっているのに帰れない会社…私は勤務初日から幼稚園と会社の板挟み状態を感じてしまいましたが、この板挟みは私が会社を辞めるまで幾度となく繰り返される事になるのでした…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
おすすめの記事