今の時代朝礼はすでに時代遅れです!

この現代、朝礼を行う会社はすでに時代遅れと言っても過言ではありません。

まず、全員への伝達事項などはメールや社内のクラウドなどで済ませれば朝礼で言う必要はありません。

朝礼で口で言われないと伝達事項が伝わらないような旧式な社員は、最早その社員自体が時代遅れです。

そして朝礼で良く行われる、今日の一言に感想を言うアレ!

感想はあらかじめ当番で決められた人が言うパターンと、急に当てられて言うパターンがありますが、どちらにしても「ここは小学校?」と思わざるを得ません。

こんな小学校レベルの感想大会をする為に毎朝貴重な時間を朝礼に使うのは、愚の骨頂です。

朝に仕事を整理するために時間を使うのは、仕事を効率的にこなす為にとても大事な時間です。

小学生レベルの感想大会に時間を使うくらいなら、仕事の効率を一番に重視して朝の時間を使う方がよほど会社の為になりますし、それに気づけない会社は完全な時代遅れです。

そして、朝礼での会社への忠誠心の植え付けと洗脳教育…。

会社の理念を暗唱させたり、会社への忠誠心を誓う言葉を無理やり言わされたり…。

こんな事をしなくても、会社と従業員の信頼関係がきちんとしていたら、無理やり洗脳してまで忠誠心を植え付けなくても社員は会社を裏切りませんし、大切にします。

従業員との確実な信頼関係も築けないような会社ほど、朝礼を行って従業員を洗脳しようとするのです。

↓に、私が経験したブラック会社の、時代遅れな朝礼の全容をまとめておきます。

時代遅れな朝礼の全容

渡された会社概要の内容

パート社員として入社した会社は、入社初日から理不尽で不穏な雰囲気がプンプン漂ってくる会社でした。

掴み所の無さそうな無口な上司達からは、いきなり入社初日から残業をさせられ、求人票に記載されていた就業定時15時、残業無しとは何だったのだと嘆きましたが、もう後の祭りでした。

残業後、事務員さんからこの会社の会社概要を渡されました。

会社概要と言うと、取引先やお客様に会社の事を知ってもらう為に、これまでの会社の沿革年表や、会社の業務内容・簡単な社長の言葉などをまとめた冊子と言うイメージで、私が今まで働いて来た会社の会社概要は多くても用紙数枚程度にまとめられた物でした。

しかし、この会社の会社概要はちょっとした小説の単行本位の分厚さのある物でした。

この会社概要は毎日の朝礼で使うので、絶対に無くさないように、そして内容は出来るだけ覚えてくるように…私は事務員さんにそう言われました。

一体この会社概要には何が書いてあるのだろう…。

帰宅後、やむを得ず会社概要を読んでみると、会社沿革年表や会社理念・業務内容など普通の内容に加え、

社長の自伝

が非常に長々と記載されており、会社概要のほとんどを自伝が占めていました。

私はなぜ、この会社に就職してしまった事で自宅に帰ってからもこの長々とした大して興味もない社長の自伝を、暗記するレベルで読まなければならないのだろう…。

釈然としませんでした。

朝礼で謎の会社クイズ

次の日、私は朝礼に初出席しました。

朝礼の司会は社長の息子である専務がするようでした。

最初に会社理念の全員での暗唱がありました。

そしてそれが終わると、おもむろに専務が一人の従業員さんを指さし、

「会社の創業は何年何月だ!」

と、クイズの様に出題しました。

刺された人は

「はい!」

と大声で返事をし、

「創業何年何月です!」

と答えるのです。

そんな会社クイズが数問出題され、朝礼は進んでいきました。

クイズの内容は、社長の自伝からも出題されるようで、年表だけを覚えておけば良いと言う訳ではない様でした。

そんな理不尽クイズに、パートさんも社員さんも皆さんスラスラと答えてらっしゃったのが、私の目には数奇に映りました…。

この為に会社概要を覚えておかなければならないのか…。

私は、仕事を探すためにハローワークに行ったあの日の事を思い出し、どうしたらあの日以前に戻れるのだろう…と入社二日目で本気でそんな事を考えてしまっているのでした。

この朝礼のやり方は、社員の洗脳教育の一環だと言う事は明白でした。

社員全員に会社概要や社長の自伝を覚えさせ、無意識に社員を会社と社長に陶酔させて、社畜化しようとしているのです。

しかも、会社自体が宗教まがいなフランチャイズに加入している事も多く、フランチャイズ主導の洗脳マニュアルが存在する場合もあります。

こう言った事は外部からは分かりにくく、入ってみて初めて内情が見えてくると言う事もあります。

ただ、会社のホームページがある場合(ブラック会社はホームページには力を入れている事が多いです!)を注意深く見ていると、その怪しさを感じる事が出来ます。

社長のブログに聞いたことの無い横文字の宗教っぽいワードが多く出てきたり(〇〇クロジー・ホバ○○・○○フレクションみたいな)、フランチャイズに加入している事が記載されているのならば、そのフランチャイズの評判を細かく調べると宗教まがいだとわかったりします。

こう言った事はやはり面接が決まった段階で、しっかり自分自身で調べておく方がブラックパート化しない為にも重要なのです。

おすすめの記事