パートの扱いがひどい会社•ここまでのまとめ

ここで、今まで書いて来たこの会社のブラックポイントをまとめて見たいと思います。

求人票には定時9時〜15時とあったのに、面接時間は17時。

面接の辞退を申し出ても聞き入れて貰えない。

応接室に大量の置物、パート社員が時間外に手入れさせられる。

制服を3万円で買い取りさせられる。

定時9時からなのに、掃除時間は8時半から。

経営者一族は掃除に一切加わらない。

オフィス内で高齢の会長さんが自由に寛ぎ、雑用を言いつけられる。

些細な失敗で始末書を書かされる。

上司が煮ても焼いても食えないタイプばかり。

若い女子社員とパート社員の間に確執がある。

定時15時までのパート社員が当たり前の様に残業させられる。

会社概要と言う名の社長の自伝を覚えさせられる。

朝礼で謎の会社クイズがある。

朝礼の社長の一言は必ず叱責。

パート日報に残業を記入する欄が無い。

会議中、パート社員がケーキ作りをさせられる←今ここnew

決算前に会社に要らない備品が増える。

書類の確認に上司をたらい回しにさせられる。

…以下まだまだ続きます😅

時給の出ない会議中のケーキ作り

私が特にパート社員がひどい扱いを受けていると感じたのが、出勤しても時給が出ない、レクリエーション扱いされているケーキ作りに関してです。

社員が会議に出ている最中に、パート社員はケーキ作りをして社員にお出しする…私はこの事実を聞いて本気で自分の耳を疑いました。

今まで働いて来た会社でもそんな事をする会社は初めてでしたし、今までの取引先の会社にも、会議中にお菓子作りのある会社など聞いた事がありませんでした。

しかも、お菓子作りをしている間は業務ではなく、レクリエーションとして扱われ、その時間の時給は出ないらしいのです。

実はこのレクリエーションにも理由がありました。

この会社のパートさんは急な残業が多く、扶養に入られているパートさんばかりなので103万の壁を直ぐに超えてしまう為、こうやって月に数回レクリエーションを設けて時給を調節されていると言う訳です…。

しかしお菓子作りは確かにレクリエーションかもしれませんが、お菓子作りの為に家事を一生懸命片付けて出勤し、社内の掃除もして、朝礼で社長の叱責も受けて…それだけでもかなりの精神力と体力を使います。

時給の調整の為なら会議の日はパートは休みにしてもらった方が、精神衛生上良いと思うのですが、この会社のやり方にパートを休ませると言う方法は無いようです。

色々と理不尽な事が多い会社ですが、私的にはケーキ作りが一番の理不尽ポイントでした。

しかし、まだまだブラックなポイントは盛りだくさん私の身に降りかかってくるのでした。

⬆️こちらの記事もおすすめです。
おすすめの記事