出入りの激しい会社の引き継ぎ

この問題は非常に難しく根が深いばかりか、辞めたもん勝ち、残った社員がバカを見る…と言った状態を招きかねません。

実はこの会社では無いのですが、私自身にも引き継ぎのミスで、後々大きな問題を抱えてしまった出来事が過去にありました。

その時も得意先への請求問題で、私の前任者の方が先方への請求書の様式を間違えて出されていて入金が止まっていたのを、その間違いに当の本人すら気付かず(辞める事で頭がいっぱいだったのでしょうが…)そのまま引き継ぎされてしまい、その後何ヶ月も入金が無いまま過ぎてしまったのです。

業界や業種にもよると思いますが、私が身を置いていた業界は、請求書の様式が先方の会社によって全く違い、入金も請求書の何%を先払い、何%は後払いなど、相当注意して請求書と入金状況を見守らないといけない形でした。

そう言うややこしい状態での引き継ぎはやはりミスも出やすく、こちらがどんなに気をつけていても、辞める事の方に頭が動いている前任者さんとでは上手く噛み合って引き継ぎが出来るとは限りません。

その後私がその請求書ミスに気づき、先方へ謝り、会社に謝りして何とか事なきを得たのですが、その時は私だけが頭ごなしに怒られる様な事は無く、皆んな前任者のミスだと理解した上で、今後はこの様な事がない様にと、大人の対応をして頂けました。

その時の会社はそこまで出入りの激しい会社ではありませんでしたが、それでもこう言った引き継ぎミスは起こりました。

これが、出入りが激しく、パート社員に結構な重要な仕事を任せてしまっているブラック会社だと、そんな事も日常茶飯事になってしまっている可能性も高いのです。

理不尽に怒られる事に慣れきったパートさん達

以前の記事でも書きましたが、この会社のパートの先輩は非常に仕事の出来る方で、他の会社ならもっと良い待遇で迎えて頂ける様に思えました。

実際、先輩には引き抜きの話も多く、普段の業務中にまでそう言う電話が何度もかかってくる様な状態でした。

それでも先輩理不尽に怒られるようなこの会社に留まり続けられていました。

一体何故なのか…。

実はこの先輩は、縁故でこの会社に入社されていたのです。

社長家族と遠い親戚で、後々の事を思うと辞めるに辞めれない…と言う事情があったようです。

この会社は、人が辞めてしまうのを防ぐ為か、やたらと縁故を強調する事がありました。

私自身にも、縁故には何の関係も無さそうなのに、誰々さんを知らないか?その人は社長の遠縁だなどと聞かされる事があり、闇を感じてしまうのでした。

⬆️おすすめ関連記事
おすすめの記事