人間ドックで引っかかりまくっていた私

私はこの頃、人間ドックに行く度に様々な項目で引っかかりまくり、しょっちゅう再検査を受ける為に通院をしていました。

ひょっとしたら仕事ストレスがマックスで、それが体に表れ始めていたのかもしれません。

この頃私が受けた再検査は、胃の検査・大腸の検査・子宮の検査・乳がん検査・膀胱の検査・糖尿病の検査で、ほぼ同時期にすべての再検査を受けました。

人間ドックならその日のうちにすべての検査を受けれますが、すべて再検査だったので、同じ総合病院での検査だった物の、担当の科が違うし先生も違うのでそれぞれの検査が違う日に行われました。

しかも人間ドックよりも詳しい検査をされるので、ひとつの検査で丸一日病院に缶詰めにされる事もありました。

胃の検査の胃カメラは一瞬苦しいのですが、時間的にはすぐ終わります。

同じカメラ系でも大腸ファイバーは、前日からほぼ絶食で、大量の下剤を飲まされ、体中からっからにさせれるので本当に辛い検査でした。

子宮の検査ではMRIを撮り、乳がん検査はマンモグラフィーとエコー、膀胱検査は尿検査とエコーで、糖尿病検査では血液検査と、体中を人間ドックよりも詳しく洗いざらい調べられました。

それだけ洗いざらい調べられても、結局何も悪い所は無く、一体あれは何だったんだ…と思ってしまいますが、逆に詳しく調べてもらえて、安心もしました。

細かな事まで報告させられ…パートを辞めるか迷う

これらの検査は当然平日の昼間に行われるので、会社を休ませてもらう事になります。

以前の記事にも書いています、この頃私はパートながら大きなプロジェクトを任されており、スケジュールがかなりシビアで、休んでいる余裕はありませんでした。

しかし、再検査も受けないと万一大きな病気が隠れていたら今後仕事どころでは無いし、病気になって家族や子供にも心配や迷惑をかけてしまう可能性もあるので、躊躇せずに受ける事を選択しました。

そんな私に会社…

いつ休むのか(←これは分かる)

どこの病院に行くのか(←まあ、連絡取りたい時もあるかもだし…。)

何の検査を受けるのか(←え?ああ、何科に居るのかを把握するため?連絡用?)

何時までいるのか(←いや、検査内容やその時の患者さんの多さによっても違うと思う。)

終わってからの出社は可能か(←いやいやいや…そんなの分からないし、出社可能と思ったら自己判断でちゃんと出てきますよ…。)

↑を一覧表にして社長への提出と、掲示板に張り出す事(←え!社員全員に私が再検査受ける事ばらすの?何の為に?それ必要?)

と言って来ました。

社長に提出は1000歩譲っても、再検査を受けると言うこのプライベートな情報を社員全員が見れる場所に貼っておく必要はあるのでしょうか…。

胃の検査だけならともかく、大腸検査だの子宮検査だの乳がん検査だの膀胱検査だの糖尿病検査だの…何の検査をいつ受けているかと言う、超プライベートな情報を張り出さなければならない理不尽に、私は心の底から納得が行きませんでした。

そしてそう言う理不尽の積み重ねが、そろそろ爆発しそうになっていたのです。

もうこのパート辞めるべきだろうか…私の中でこのような迷う気持ちが生まれ始めたのです。

↑おすすめ関連記事
おすすめの記事