会社を辞めると言いづらいパート…人材が不足しがちなブラック会社は、辞めたいと言う意思表示も、はぐらかされたり精神論を語られたりして、簡単には話を聞いて貰えない事も多いです。

また、パートが辞めたいと言えないような状況を会社自らが作りだして、言い出す事は至難の業だったりします。

入社してしまったら最後、中々辞められずこちらの精神だけが、徐々に疲弊させられてしまうのです。

この記事では、パートを辞めたいのに言えない辛い状況をどうすれば打破出来るか考察しています。

会社を辞めると言いづらい場合どうすれば良いのか

パートを辞めたいのに言いづらい…この問題を解決したい場合まず、なぜ辞める事を会社に言い出せないのかを洗い出す必要があるでしょう。

パートを辞めたいのに言いづらい理由は、ごく一般的には、

会社に迷惑をかけてしまう事が悪いと感じる

同僚パートさんに迷惑をかけてしまう

と言った、自分のせいで迷惑をかけてしまうから、と言う理由が多いのでは無いでしょうか。

こう言った思考が素直に出てくる場合、今勤めているその会社はホワイト企業とまでは言えないかもしれませんが、おそらく良い会社なのでは無いでしょうか。

会社や同僚に迷惑をかけてしまうから辞める事が言い出せない…と思われるのなら、もう一度その会社に留まってみる事も検討の内に入れつつ、それでもどうしても辞めたいなら、辞めようと思う時期の半年前には会社側と同僚に訳を話して、新しい人材を入れてもらって引き継ぎをして、キチンとした手順と方法で辞めれば良いと思います。

もしその会社が理不尽ばかりがまかり通っている所謂ブラック会社なら、会社や同僚に迷惑をかけてしまうかもしれないから辞める事を言い出せない…とはならないはずです。

おそらくブラック会社を退職したいのに言えないのは、迷惑をかけてしまうと言う理由が第一では無く、

辞めたいと言っても辞めさせてもらえないから言うだけ無駄

辞めたいと言ったら精神論を語られて読破されてしまうし、最悪の場合怒鳴られる

辞めたいと言ってもはぐらかされる

と言った、会社側にこちらへの誠意を一切感じない理由なのでは無いでしょうか。

こう言った事が理由である場合、誠意のない会社にこちらも誠意を見せてキチンとした手順を踏んで辞めなくても良いと、私は思っています。

とりあえず退職の意向は自分で会社に伝えておく事は重要ですが、その後会社側に何の誠意も感じられない場合、第三者に間に入って貰って、会社側にこちらの退職の意向を再度伝えてもらい、その後は出社せずそのまま辞めれば良いのです。

実際私は以前友人が退職で悩んでいた時に、会社と友人の間に入ってその友人の退職をサポートした事があります。

会社からの連絡は全て私が受ける事にし、友人には報告のみをしました。

それにより、友人はその会社を辞めて、新しい道を進み始めたのです。

今は退職代行などのサービスもありますが、代行サービスはお金もかかりますし、本当に信頼出来る業者なのかをこちらも見極める必要があります。

信頼出来る第三者なら、当然お礼はしなければなりませんが、信頼はお墨付きのはずです。

万一そう言った信頼のおける第三者が居られない場合は、退職代行サービスの検討もあり得るのかもしれません。

なぜブラックパートを退職したかったのか

それではここから、ブラックな会社を辞めた自身の経験を語りたいと思います。

私がブラックパートを退職したかった訳

今から数年前、私は所謂ブラック会社と言われるような会社で、パート従業員として働いていました。

しかしその会社に身も心もボロボロにさせられ、給料だけの為にその会社にしがみついて我慢するよりも、退職してこの状況から抜け出したいと言う気持ちになり、その会社を退職したのです。

なぜその会社をブラック企業だと感じ、退職したいと思ったかと言うと、

まず一つ目の理由は、その会社の正社員さん達にまるでやる気が感じられず、リスクの伴う仕事は正社員が手を出さずにパートに押し付け、問題が起きたらすべてパートのせいにさせられる点です。

また、この会社は技術と知識を売りにした専門職会社にも関わらず、正社員に仕事に必要な技術や知識を持った人材がほとんどおられず、難しい事はパートにネットで調べさせて仕事をしていました。

そしてそれで問題が起きたらやはりパートのせいにさせられるのです。

二つ目の理由は、洗脳教育とやりがい搾取が日常的に存在していて、何をさせられるにも精神論で語らて、会社への精神的な忠誠を強要された事です。

給料が十分にもらえない事も、パートでも持ち帰りの仕事をこなさなければならない事も、すべて会社への忠誠心があれば文句が出るはずも無く、それが出来ないのは自分の精神が弛んでいて人間としてなっていないからだ、などと徹底的に教え込まれました。

そして三つ目の理由は、職場ハラスメントの常習化です。

上司や経営陣がパート社員を含む部下に職場ハラスメントを当たり前の様に行っていて、それが異常な事だと誰も思わなくなっている状態でした。

上司が部下に対して年齢や性別、容姿や生まれつきの体質などを毎日執拗にいじり、それを理由に「おまえは仕事が出来ない奴だ!」などと言われて叱責を受ける様なモラハラが行われていたり、

若い女子社員は贔屓的に扱われる代わりに、セクハラまがいな気持ちの悪い性的な話を聞かされたり、

経営陣が従業員に暴言を吐いたり、嫌な事を無理やりさせる様なパワハラがあったり、

完全に上司や経営陣のハラスメント無法地帯となっていました。

私は自分がハラスメントを受けている時も、同僚パートさんや若い社員さんが受けている時も、非常に腹立たしい気持ちになって胸がムカムカし、この会社で真面目に仕事をする事に嫌悪感すら覚えました。

そしてこんな会社を信頼して仕事を発注して頂いているお客様や協力業者さんに、申し訳ない気持ちで一杯でした。

職場ハラスメントへの意識の薄い会社は、最低限のマナーすら出来ない会社だと言っても良いでしょう。

これらの三つの理由により、私はパートを辞めたいと思ったのです。

ブラック企業ならではのパート退職の障害

常に誰かが退職を考えている会社

パートを辞める決意をした私ですが、辞めたいと思って簡単に辞める事など出来ないのがブラック会社の特徴でもあります。

特にブラック会社ならでは理由が、辞表を出す事への大きな障害にもなっていました。

数年前に勤めていたパート先を辞めたいと思った私…。

最初は当然キチンと辞める事を考えていたので、早めに会社側に退職の意向を伝え、新しい人を募集してもらって、ちゃんと新しい人に引継ぎをしてから辞めるべきだと普通に思っていました。

辞める意向は言い出しづらいけど、我慢してこの働く事は心身に負担がかかりすぎる…私は意を決して辞表を用意し出社後すぐに社長室に向かいました。

しかしそこには見慣れた先客が居ました。

なんと、正社員である私の直属の上司が、先に社長に辞表を提出してしていたのです。

つい昨日まで、辞表を出すような素振りは一切見せていなかったのに…私は驚きました。

驚き以上に、上司に辞表の先を越されてしまった事によって、こちらが辞表を出しづらい雰囲気になってしまい、私は途方に暮れました。

正社員の上司辞めるとなると、会社としては当然その上司と同レベルの正社員の人材を補充しなければなりません。

不要範囲内の主婦パートを募集するよりもハードルは高いでしょうし、人選にも時間がかかるでしょう。

これから会社側も人材確保に大変になる事が予想でき、ここで空気を読まずに私も辞めます…と言い出す勇気は私にはありませんでした。

この上司の代わりに新しい人が採用され、引き継ぎも終わり、新しい人が会社に慣れて会社全体の雰囲気が落ち着く…おそらく数ヶ月〜半年位かかるであろう上司の退職問題…これが片付くまでは私が辞表を出したところで受け取って貰える見込みは薄いでしょう。

少なくても半年は自分が辞めれる順番は回って来ないかも…いつもは頼りないばかりの上司が、なぜか辞める事にはさっさと動いていた事に、私は腹が立って仕方ありませんでした。

しかも、うかうかしていたら今度は別の人がいきなり辞めると言い出し、また自分が辞める障害になるかもしれない。

そんな不安すら私は覚えたのです。

ブラックな環境の会社は、その環境が故に、いつも誰かが会社を辞めたいと思って仕事をしているのです。

パート社員が会社を辞めたいと会社側に伝えようと思っても、いつも誰かに辞める先を越されていて、なかなか辞めたいと言えない…なんて事が実際にあったりするのです。

パート退職を同僚にはどう伝えたのか

同僚パートさんには気持ちを正直に伝えることが重要

パートを辞めたい思ったら、それを会社に伝えるより前に、まず同僚パートさんにその胸の内と今後の事を伝えておく事が非常に重要です。

まあ普通の会社なら、昨日まで一緒に働いていた同僚がいきなり来なくなって辞めたと聞かされた…何て事はあり得ないと思いますが、ブラックな会社なら頻繁にあり得る事で、その会社で長く働いている人はその状況にも慣れている可能性すらあります。

とは言え、やはり辞める意向を何も知らされていないと、残された同僚の仕事量は増えてしまうでしょうし、迷惑をかける事になるので、知らせておく事がベターな対応だと言えるでしょう。

このブラックな会社は本当に理不尽な面が多く、上司はやる気が無くて頼り甲斐もなく、散々な会社でした。

しかし本当なら自分も辞めたいと思ってらっしゃるかもしれないのに、辞めずに頑張ってこの会社で働く同僚パートさん達は、皆さん本当に信頼できて尊敬出来る人たちばかりでした。

そんな同僚パートさん達に、この会社を辞めたいと思っている、と言い出すのは本当にしんどかったです。

だからと言ってこの会社で働く事に限界を感じているのに、自分を壊しながら我慢して働き続ける事は、私には荷が重すぎました。

なので、私は同僚パートさんには自分の気持ちと状況を、隠す事無く正直に話しました。

幼い子供がいてまだまだ手がかかる事、主人は激務で帰宅が遅く、ほとんどワンオペ育児状態である事、普通の仕事環境ならまだしも、ブラックとも言える理不尽を受け止めるには、年齢的にも時間的にも無限界だと言う事、それらを包み隠さず話したのです。

すると、同僚パートさん達は私を非難したり引き止めたりする事は無く、小さな子供がいながらこの会社で働く事がどれだけ難しいかを理解していただけました。

その時私は、涙が溢れそうなくらい嬉しくて、気持ちがとても楽になった気がしました。

やはり、同僚パートさんには自分の気持ちを常に正直に話せるよう、しっかりコミュニケーションを取って置く事はが、仕事を続ける場合にも、辞める場合にも重要なんだとその時私は気付いたのです。

ブラックパートを退職出来た理由

即戦力の新入社員

ブラックなパート先に限界を感じ、パートを辞めたいと思ってから数カ月…辞表を出そうにも上司に先を越されたり、同僚パートさんには気持ちを理解して貰えたりしましたが、私はまだ会社に辞表を出せずにいました。

私が辞めたいと思っている事は、うすうす上司や経営陣にも気づかれていて、私は引き止めとも取れる言動を言われるようになりました。

「君がいないと会社が成り立たない。」

「もう君は会社の大事な戦力だ。」

などと言われ、ますます辞表が出しづらい雰囲気になっていました。

そんな時、なぜか中途半端な時期に運よく?中途の新入社員さんが入社されました。

その新入社員さんは大手メーカーに勤務経験があり、スキルもキャリアも申し分の無い女性でした。

雰囲気も「出来る人」と言う印象で、女性ながらバリバリ働いて頂けそうでした。

こんな仕事の出来そうな人が方がなぜこの会社に…?と思いましたが、どうやら社長自らが大手メーカーから引き抜いて来たそうです。

こんな風に経験豊富で、大手メーカーのやり方も熟知されている女性上司なら、今までの様に頼りない上司に振り回される事も無くなりそうだし、子育てや家事の事も理解してもらえそう…パートを辞めなくても、この女性上司を中心に今後は仕事が上手く回って行くかもしれない…私はそんな事を考えていました。

しかし仕事が出来そうな女性上司の登場で、会社の未来に少し明るい兆しが見え始めていた私に、社長はこんな言葉をかけてきました。

「君、パート辞めたいんだったな?もう辞めてもいいぞ!」

パートを辞めたいと思ってはや数カ月…やっと希望通り辞めれる時が来た………はずなのに、なぜか私の心には釈然としない気持ちでいっぱいでした。

先にも書きましたが、私は辞めたいと言う意向が会社に伝わった時に、

「君がいないと会社が成り立たない。」

「もう君は会社の大事な戦力だ。」

などと言われて引き留められていたのですが、私よりも戦力になる人材が入社したら、私はもう用済みなのだと言う事のようです。

引き止めの文句である大事な戦力と言う言葉は、やはりただ人材不足を起こさない為の偽りの言葉で、私を本気で戦力だとは思っていなかったのでしょう。

とは言え、会社から辞める事を許されたのは紛れもない事実なので、私は晴れてブラックパートから脱却する事が出来ました。

正直、何か釈然としない気持ちが残っていましたが、とりあえずブラックな会社と縁を切る事が出来たので、この新しい女性上司には感謝………とはなりませんでした。

今後別の記事で書く予定にしていますが、この女性上司はあっという間にこの会社を退職し、再び会社は人材不足に陥る事になるのです。

そして結局私は、再びこの会社に舞い戻る羽目になってしまうのです。

⬆️こちらの記事もおすすめです。
⬆️こちらもおすすめ!
おすすめの記事