パート退職の意向が言いづらい理由は…

パートとして働く事に限界を感じ、熟考の結果退職したいと思い会社側にそれを伝えようと思っても何だか言いづらい…そんな場合の対処法はあるのでしょうか。

退職の意向を言いづらい理由としては、

退職したいと言っても引き留められる可能性が高いので、行っても無駄だと思ってしまっている事が多いように思えます。

単に優しく引き止められるなら良いのですが、会社の雰囲気によっては、

「忙しいのに辞めるとは何事だ!」

「気合が足りないから辞める事を考えてしまうんだ!」

など、パワハラとも取れる精神論を語られてしまい、こちらも嫌な思いをしてしまう事も考えられるので、退職の意向を言い出せず二の足を踏んでしまう事も多いのです。

また、一緒に働いている同僚パートさんに、こちらが辞める事によって迷惑をかけてしまうかもしれないと思ってしまい、なかなか辞めたいと言う事を言い出せない事も多いです。

どちらにしても、真面目で周りの人の気持ちを優先して動ける人が、辞めたいと思っても言い出せず我慢して働いてしまう事に繋がっている様に思えます。

そして、退職が言い出せない理由として、もう一つこんな理由も上げられます。

会社は辞めたもん勝ち?退職は先を越されると言いづらい…

ここからは私の実際の経験となります。

数年前に勤めていたパート先を辞めたいと思った私…。

実際に辞める為には新しい人を募集してもらい、きちんと引継ぎをしてから辞める方が後腐れも無いでしょうから、私は早めに会社側に退職の意向を伝えておこうと思いました。

今日は社長に退職の意向を伝えよう…そう思って出社後すぐに社長室に向かいました。

しかしそこには先客が居ました。

なんと、私達の直属の上司である係長が、先に辞表を提出してしていたのです。

しかも半年前からずっと辞表を出し続けていて、やっと受け取ってもらえたと言う事で、上司は辞めるの決定でした。

昨日まで、そんな素振りは全く見られなかったのに、いきなりの上司の退職に、私は驚きを隠せませんでした。

いやそれ以上に、先を越されてしまい、こちらが退職の意向を言いづらい雰囲気になってしまい、私は絶望を感じました。

人一人が辞めるとなると、会社としては当然新しい人材を補充しなければなりません。

しかも今回辞められるのは正社員の上司です。

いくらあまり頼りがいの無いような上司でも、正社員でそこそこ会社に慣れた人材に居なくなられるのは痛手でしょうし、同じレベルの人材を探すのも、とても大変な仕事になるはずです。

またハローワークに求人票を出し、面接を行い、選考して…これらを新たに行う事になり、会社側も大変になる事は簡単に予想でき、ここで空気を読まずに私も辞めます…と言い出す勇気は私にはありませんでした。

少なくてもこの上司の代わりが入って、引き継ぎも終わって、そこそこ会社に慣れて仕事が軌道に乗る…おそらく数ヶ月〜半年位かかると思われるこの一連の流れが落ち着くまで、きっと私が辞表を出したところで受け取っては貰えないでしょう。

あと半年は辞めるのは無理か…私はいつも頼りない上司がこの時ばかりは素早く動いていた事に、なぜか腹が立って仕方無かったのでした。

会社によっては、常に誰かが退職の意向を持っており、こちらが退職の意向を伝えたいと思っても、いつも誰かに先を越されていて辞める事が言いづらい…となる事も実際にあったりするのです。

パート退職が言いづらい場合どうすればいいのか…

先にも書きましたが、パートの退職が言いづらい方は、真面目で周りの人の事や会社の事を真剣に考えて動いてしまう人の良い人…だと思われます。

一方、こちらの事は何も考えず我先に退職しようとさっさと辞表を提出する人は、残された人の事など考える事も無く、自分さえ良ければそれでいいとすら思う人なのでは無いでしょうか。

会社側や同僚側も、そんな人の良い人材にいなくなって欲しいとは思っていません。

それが辞めたいと思っても引き留められてしまい辞める事が出来ない理由にもなってしまうのです。

辞表を提出しても引き止められる人材と引き止められない人材との差は、こう言った所にもあるのです。

自分は引き止められる人材だ、それを自覚してもなお辞めたいと思った場合は、自分でその引き止められる人材の殻を破る必要があると思います。

人の事、会社の事を第一に考えてしまう人の良い自分をこの時だけは封印し、自分の為だけに動くようにしましょう。

言いづらい雰囲気を感じても、それに飲まれずさっさと辞表を出せばよいのです。

そしていつ辞めるのかをはっきりと会社側に伝え、それに合わせて引継ぎの事などを会社側に考えさせればいいと思います。

会社の事、同僚の事を考えていては、会社によってはいつまでたっても自分の新たな道を踏み出す事に繋がりません。

そのためにも人の良い自分は一旦封印し、その会社を辞めてからまた本来の自分を出して新しい道を踏み出す事が、私は望ましいのではないかと考えています。

⬆️こちらの記事もおすすめです。
おすすめの記事