夫の転勤に伴う引っ越しでの退職…辞めたいのに辞めさせて貰えない会社を、円満に辞めさせて貰えるこれ以上の理由は無いように思えます。

私はたまたま本当に主人の転勤があったので、こうやって辞める事が出来ましたが、一度入社してしまうとこう言う風に、辞めるに辞めれなくなる可能性もあります。

パートと言えども面接を受ける際には慎重になり、求人票に書かれている事を鵜呑みにせず、自分自身で会社の真の評判を調べておくことが本当に大事です。

タイミングよく転勤が決まった夫

理不尽すぎる勤め先を辞めたいのに辞めさせて貰えない…。

辞表は当の昔に提出したのに引継ぎの人を入れてもらえず、ずるずると時間だけが過ぎていく日々が続いていました。

会社側も、ここまでなあなあで来たのだから、私の退職したいと言う気持ちもいつの間にか消えているだろうと思っていたようです。

なので、主人の退職が決まって引っ越すので退職したいと言うと、非常に驚いていました。

うちの主人は転勤族です。

これまでも何度か転勤があり、その度に引っ越しをして来ました。

実は、この時の転勤は必ずしも引っ越しをしなければならない状況ではありませんでした。

もう持ち家がありましたし、子供の入学する小学校も決まっていたので、普通はそういう場合は主人の会社内でも単身赴任をされる場合が多いらしいのです。

それに、自宅と新しい勤務先は無理すれば電車通勤も可能な距離でした。

主人としては単身赴任でも遠距離通勤でもどっちでも良いという思いだったらしいのですが、私は引っ越しを心の底から推しました。

主人の転勤に伴う退職…これ以上完璧に円満退職出来る理由を、私は思いつかなかったからです。

主人の転勤の話を聞いた時、本気で涙まで流れたくらいです。

スポンサーリンク

辞める理由は二択?

実は私が会社に在籍していた時も、何人かの社員さんやパートさんが入ったり辞めたりしていたのですが、辞める理由は「引っ越し」が多く見られました。

ちなみに何の理由もなくそのまま居なくなった方もおられ、もうこの会社から逃れるには「引っ越し」か「バックれ」の二択なのでは無いかと思っていました。

以前他の記事でも書きましたが、最悪の場合「バックれ」もありだと思っていたので、「引っ越し」の方の理由漬けが出来る状況になった事は本当にラッキーだったと思います。

ただ子供は、通う予定だった小学校に通わせる事が出来ず、友達もまた一から作ることになったので本当に可愛そうな事をしていまったと反省しています。

引っ越し先の小学校でも沢山友達も出来、一緒に遊ぶ仲間も出来たので親としてとてもホッとしました。

こんな風に家族にまで迷惑をかけてしまうので、パートととは言え就職先を選ぶ際には細心の注意を払って選ぶ必要があるんだと言う事を、今回の事で身をもって学びました。

スポンサーリンク

これで一件落着なのか?

兎にも角にも、私は主人の転勤のお陰でこの会社を円満退職する事が出来ました。

辞めていく私に、同僚パートさん達はため息交じりで

「いいわね…。」

と仰られました。

同僚パートさん達は皆さん、辞めたくても辞めれない状況だと言う事は分かっていたので辞め辛い気持ちもあったのですが、辞表自体は半年前から出していましたし、それまで後任者を入れてこなかった会社側が悪いのだと必死で自分自身に言い聞かせました。

これでとりあえずは一件落着…のはずなのですが、この会社の場合はそう簡単に事が運ぶはずがありません。

引っ越しも終わり、新しい土地での生活も慣れてきた一年後の事です…。

会社から私の携帯に着信がありました………。

次回へ続く(次回最終回です。)

ブログランキング参加しています!

下のバナーをクリックで応援宜しくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

専業主婦ランキング

スポンサーリンク

Twitterでフォローしょう