朝礼で暗唱する会社理念がコロコロと変わる会社…。

そもそもその理念ってなに?

理念を頻繁に変えてもいいものなの?

スポンサーリンク

覚える事多すぎ!

私がこの理不尽な会社でパート社員として働き出して一週間以上の時間が経ちました。

この会社では別の記事でもかいていますが、毎日の朝礼で会社理念の暗唱がありました。

朝礼でこう言った暗唱があるのは以前正社員として働いていた会社でもあったので、特別変だとは思いませんでしたが、以前の会社での暗唱は

⓵安全

②協力

③ほうれん草

程度の誰でも覚えれて簡単な内容で、暗唱する事も負担にはならず、しかもこのスローガンは会社の見える位置に掲げてありました。

しかしこの理不尽な会社では、暗唱する会社理念がすでに異常に長く、5条にも渡ってかなりの長文を覚えさせられました。

どういった会社理念だったかは詳しくは書けませんが、ニュアンスを変えて書くと、

⓵私たちは株式会社〇〇の為に奉仕の心を持ち、常にお客様第一の姿勢で毎日の業務を誠心誠意真心をこめて行いますうんぬんかんぬん…。

ってな感じの文が五か条ある感じです。

私は入社すぐにこの五か条を覚えるように言い渡されましたが、結局すべて覚え切るのに一週間以上かかりました。

しかし、本当の大変さはここからでした…。

やっとこさ長い会社理念を覚え切った…と思ったらある日の朝礼で専務から新しい会社理念を手渡されたのです。

明日の朝礼からはこの新しい会社理念を暗唱するから覚えてくるように…との専務の言葉に、私は耳を疑いました。

新しい会社理念を見てみると、せっかく覚えた今までの五か条が微妙にニュアンスが変えてある+新たな五か条が追加されて合計十か条になっていました。

無論、十か条すべてがかなりの長文で、一条だけでも覚えるのにそこそこの時間がかかりそうです。

20代くらいのフレッシュな暗記力のある方ならまだしも、40代に差し掛かって暗記力が衰え始めた私にはさらにキツイ作業となりそうです。

しかも、以前の記事でも書いていますが、この会社の覚えるべき事柄はこの会社理念だけではなく、会社概要や社長の自伝も覚えておかないと朝礼でゲリラ的にそれらに対する質問をされる時もあり、一体何に役立つのかも分からないまま、どれだけの事を覚えさせられなくてはならないのだろうと不安になりました。

先輩パートさん達に聞くところによると、会社理念がコロコロ変わってその都度覚えなおしをさせられるのは日常茶飯事のようで、今回の改正も今年に入って五回目だとの事でした…。

スポンサーリンク

コロコロ変わる理念って何?

そもそも、会社理念がコロコロ変わるってそれは本当の理念なのでしょうか…。

本当の理念ならもっと端的に短く、分かりやすい内容で会社が存続する限り普遍的に変わらない内容であるはずです。

上に書いた以前勤めていた会社の、安全・協力・ほうれん草、のような会社運営にとって一番大切な三か条や、ワンフォーオール・オールフォーワンのような覚えやすく理解もしやすいスローガンを掲げるのも良いと思います。

こういったスローガンや会社理念の選択一つとっても、うまく回っている会社と回っていない会社が分かるような気がします。

長文を無理やり覚えさせ、社員に一切利益の無い負担をかけている事に何も思わない経営者一族は、そもそも他人の気持ちに鈍感で自分の事しか考えていない一族なのではないでしょうか…。

最後までお読み頂きありがとうございました。

ランキングサイトに登録しています。

下のバナーからランキングの応援をお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしょう