油を色が変わるまで使用すると、酸化した油が肝臓に負担をかけてしまうと料理教室で習いました。

うちでは油は一回使ったらすぐ固めて捨ててしまいますし、家には一升瓶の在庫も無いですし、じょうごも使わないのでありません。

スポンサーリンク

揚げ油はすぐ捨てる派の私

上にも書いていますが、うちでは唐揚げなどに使った使用済み油は、一度使ったらすぐに固めるテンプルなどで固めて捨ててしまいます。

昔は勿体なかったので何度かこして再利用していましたが、とある料理教室で油は一度使うと酸化してしまい、再利用すると酸化した油が肝臓に負担をかけてしまい体に良くないと教えてもらいました。

それから揚げ油は一度使用したらすぐ捨てる事にしました。

揚げ油は意外と費用が掛かるので、一度使うだけで捨てるのはやはり勿体ないです。

なのでうちでは揚げ物をする際には唐揚げやとんかつ、エビフライなど一度で大量に揚げ物を作るようにしています。

また、揚げ物は手軽に出来る美味しい料理ではありますが、うちでは子供の誕生日やクリスマス、運動会などのイベント時にのみ登場するメニューとするようにしています。

ふだん唐揚げが食べたくなったら、お惣菜や冷凍食品を利用したりもして油代を節約するようにしています。

スポンサーリンク

天ぷら油が勿体ないと言う義母

そんなある日、うちに遊びに来ていた義母に唐揚げを出した際に出た使用済み揚げ油を、義母は捨てるのが勿体ないと言い出しました。

義母は揚げ油は何度も再利用する派で、うちの旦那兄弟が揚げ物大好き兄弟だったために毎日の様に揚げ物を作ったので、何十年も前から油は常に再利用をしていたと言っていました。

義母は冷凍食品は添加物が大量に入っているので体に良くないので息子や孫に食べさせるな…と口うるさく言うのですが、なぜか酸化揚げ油の危険性に関しては全くのノーガードのようです。

ただ勿体ない勿体ないと言うだけならまだ良かったのですが、義母はその使用済み揚げ油を一升瓶に入れて持って帰ると言い出しました。

義母のすむ義実家は新幹線で行き来するほどの距離があります。

一升瓶に使用済油を入れ、それを新幹線に持ち込んで運ぶつもりだったのでしょうか…。

幸いなことに、うちでは瓶ゴミが出たら取って置かずにすぐに捨てるようにしているので、一升瓶の取り置きはありませんでした。(そもそも一升瓶ゴミが出るような買い物はしませんが…。)

そして油を一升瓶に移す際に必要なじょうごも、うちにはありませんでした…。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしょう