社長が社内におられる間は社員皆忙しそうに振舞っていますが、一度おられなくなるとPC画面には仕事以外の事が映っている事がこの会社ではとても多いです。

息抜きも必要とは思いますが、その息抜きの為に本来社員がする仕事をパートに仕事を押し付けられるのは勘弁してほしです。

スポンサーリンク

社員は皆やってるアピール

私が社会人として働き出してもう25年ほどの時間が経ちましたが、今に限らずやってるアピールの上手い人と言うのはどの会社にもおられました。

そう言うやってるアピールの上手い方と言うのは、たいがい社長や上司の前では忙しい忙しいと言いつつ、上の人が居なくなったら即ネットを見だしたり、競馬新聞を読み出したり、席を外してどこかで昼寝をしたりと、自分の欲求に正直に行動されていると言うイメージがあります。

そんな事をしていると当然常に忙しそうなのに仕事の効率は全く上がらず、普通の会社なら即評価を下げる要因になりそうなものですが、理不尽な会社はそもそも上司や経営陣が部下を正当な評価すらする実力も余裕も無いので、そう言ったやってるアピールが野放しになっているのが現実です。

やってるアピールが上手い事が、会社で生き残る最大のスキルと言っても過言では無いくらいです。

逆にそういった打算が働かず、やってるアピールが出来ずに次々仕事を押し付けられてしまう人間が一番損をする事になり、そういった人ほど真面目で言われたことを素直にこなす為にいっぱいいっぱいになってしまうので、結果的に良い人材が長続きしない要因にもなっていると言えます。

スポンサーリンク

どんなに頑張っても人は変えられない

そんな風に理不尽に仕事を押してつけられて、どうにかこの状況を変えたいとこちらがどんなに思ったところで、そう言うやってるアピールの上手い人を変える事は出来ません。

会社側が仕事の効率を正当に判断して、その人の評価を下げて処分する…と言った事でも無ければ状況を変える事など無理だと思います。

これは私の経験ですが、私は新卒で初めて働いた会社が、まさにやってるアピールの上手い人だらけの会社で、その中でその状況染まらず真面目さを貫いて仕事をしていたのですが、結局私はその会社を短期間で去る事になりました。

その後再就職どうしよう…と思っていた時に、辞めた会社の下請け会社から連絡があり、一緒に働かないかとの打診がありました。

私はそのお誘いを受けてその後長期間その会社で働く事になったのですが、その会社では最初から社長に、真面目で誠実に働く人材と言う評価をしてもらい、非常に気持ちよく働く事が出来ました。

そして、真面目にやっていたらどこかで誰かが見てくれているんだ…と実感として思いました。

しかしこれはたまたま私が運が良く、下請け会社の社長の目に私が止まっただけで、多くの真面目に頑張っているのに報われない方がおられるのもまた事実でしょう。

そう言った場合の今の状況を変える術は本当に無いのでしょうか…。

これは私の持論ですが、真面目な方で会社に良いように使われて理不尽を感じてらっしゃる方は、ひょっとすると自分のまじめさと仕事の業種が合っていない可能性もあります。

この社会には、真面目な方に合う業種とズル賢い人に会う業種が分かれていると思います。

不用意に転職を進めるのも責任感としてどうかとは思うのですが、どうしても我慢出来ないのであれば転職する事も前に進むための手段かと思います。

そして転職を決意されたのならば、次回の就活の際にはハローワーク窓口で自分のスキルやキャリアのアピールよりも、自分の真面目さを最大限にアピールするようにするべきでしょう。

せっかく今まで培ったスキルやキャリアをアピールしたくなるのは当たり前でしょうが、ハローワークではそのスキルやキャリアを最優先されてしまって、また同じような業種を紹介されてしまう可能性もあります。

ハローワークさんからすると面倒に思われてしまうかもしれませんが、真面目で誠実だと言う事をとにかくアピールし、じっくり腰を据えて仕事探しをする事が失敗が無いのかもしれません。

最後までお読み頂きありがとうございました。

ランキングサイトに登録しています。

下のバナーからランキングの応援をお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしょう