この会社はとにかくすぐに現場のやり方に社長が口を出してくる会社でした。

現場のやり方はその現場を実際に動かす従業員が一番熟知していると思うのですが、社長が従業員を一切信用していないので、すぐに口を出してきて余計効率が悪くなる…と言う事が日常茶飯事でした。

スポンサーリンク

従業員を信用していない社長

私がパート社員としてこの会社で働き出して約2週間。

たった二週間ですがだいぶこの会社のやり方が見えてきました。

この会社は完全社長のワンマン体制な会社で、現場の人間からするとどう考えても今のやり方を変えると効率が下がる…と思っても社長がこう変えろ!と言い出したら絶対に社長に従わないといけない会社でした。

こちらがどんなに意義を申し立てても聞き入れてもらえず、最終的には怒られてしまうので受け入れざるを得ないのでした。

なぜこんなに社長が口を出してくるのか…それはひとえに社長が従業員の事を全く信用していないからです。

自分の思い通りに従業員を動かし、100%自分のやり方で仕事をやらす事で目が届きやすいようにしたいと言う気持ちがあるのでしょう。

このやり方で会社がうまく回るのならそれで良いでしょうが、明らかに効率が下がりそうなやり方に変えられてしまうと、現場で働く人間としては、常に現場の事を気にかけてすべてを把握している訳でなはい社長が、気紛れで口を出してきてやり方をコロコロ変えられる…と言う悪印象しか生まれずに、会社への不信感が募る原因にもなりそうです。

スポンサーリンク

諦めの境地で働くパートさん達

私が働き出して二週間程度でこんな事があり、すでに私の中で会社への不信感は芽生え始めていましたが、今まで何年もこの会社で頑張られている先輩パートさん達は、不信感を通り越して完全にあきらめの境地にたどり着いて仕事をされているようでした。

もう何を言っても無駄、状況を変える事は出来ない。

とりあえず社長の言う事を聞いて働いていさえすれば給料は保証される。

余計な事を言って社長を怒らせ、後々面倒な事にならないようにしておくのが一番…こんな感じです。

上にも書きましたが、これで会社が上手く回るのならばそれでいいでしょう。

しかしこのやり方で優秀な人材がしっかり会社に定着するとは私には思えません。

会社のトップがしっかりと従業員を信用し、ある程度は現場に任せて自分たちで本当に効率よく仕事をこなすやり方を構築していくのが本当の仕事の醍醐味なはずです。

言われた事だけをやる、こちらの意見は無視される…本当にやる気のある人ならこんな会社は願い下げだと思うのが当然でしょう。

もちろん先輩パートさん達が皆はじめから諦めの境地で働いていたとは思えません。

今までも何度もこんな事があり、この会社でやって行くには諦めも必要と皆さんどこかで悟ったのでしょう。

従業員さん、パートさん、経営陣、社長…すべての歯車がきっちりと回ってこの理不尽な会社は作り上げられてきたのです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしょう