危うくいらない中華鍋を持って帰らされそうになりましたが、ウチのキッチンがIHクッキングヒーターだったので、難を逃れました。

結局使いづらいと思ってたんですね…中華鍋。

スポンサーリンク

中華鍋で揚げる揚げ物

義実家ではもう何十年と揚げ物は中華鍋で揚げるのが定番だそうです。

確かに、中華鍋は火の通りが均一化しやすく、素早くカラッと揚げれると言う話はよく聞きます。

揚げ物にこだわるなら中華鍋を使うのはとても理にかなった事だと思います。

しかし一方、普通の揚げ物用鍋で揚げるよりも、油の量は多く使う事になるんじゃ無いでしょうか。

うちでは小さめの揚げ物用鍋を使い、油の量は750ml程度で揚げ物を作ります。

1、5ℓの油を買って来て大体半分を一度の揚げ物で使う感じです。

油のお値段はバカに出来ないほどかかりますので、出来るだけ節約して使うための工夫のつもりです。

義実家の中華鍋は本格中華店が使うような非常に大きな代物でしたので、おそらく油の量は1、5ℓでも足りないのでは無いかと思います。

以前の記事で義実家では揚げ油を何度も再利用していると書いた事がありましたが、一度に多くの油を使われるのであれば、再利用したくなる気持ちもわからなくも無いです。

スポンサーリンク

実は使い辛かった中華鍋

以前の義実家へ帰省した際、キッチンの釣り戸棚の中に殆ど使われた形跡のない揚げ物用鍋が仕舞われていたのを発見しました。

義母は揚げ物は中華鍋でする派なので、使わない揚げ物鍋は仕舞っているのかな?と思っていたのですが、私がそれを見つけると、

「これ!30年前から探してたのよ!」

みたいな事を言い出して、

「今後はこれを使って揚げ物をするわ!」

となりました。

ひょっとして中華鍋で揚げ物をしていたのは、揚げ物鍋が行方不明になってしまったので、中華鍋で代用していたんじゃ…💧

そして義母は今まで大事そうに使っていた中華鍋を、

「これ、持って帰って使いなさい。」

と言いました。

揚げ物専用鍋が見つかったなら、もう中華鍋は用済み…本当に揚げ物用にしかこの中華鍋は使われて無かったのかな…じゃあ何で中華鍋買ったの?

とか色々疑問が思い浮かびました。

幸か不幸か、私たちの自宅のキッチンはIHクッキングヒーターを使っているので、IH非対応の中華鍋は使えず、持って帰らされる事は阻止出来ました。

最近はIH対応の中華鍋も出ているそうですが、やはり中華鍋はガスコンロあっての物でしょう。

私自身、料理も嫌い、後片付けも嫌い、中華は中華屋さんで食べるのが一番、と、思っている人間なので、中華鍋はうちには不要論者です。

コンロの違いで中華鍋の難は切り抜けられましたが、うちは義実家のいらない物処理場じゃ無いと、大声で言いたかったです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしょう