ご訪問ありがとうございます。

本日の記事は昨日の続きとなります。

渋滞に巻き込まれて移動に12時間以上かかり、疲れ切って帰省した義実家で、私の食事だけが用意されておらず、冷遇されていると感じた私は、その場から何も言わずに走りさり外に飛び出しました。

そして、義実家の向かいの24時間スーパーで、特上寿司を買ってきて、みんなの前でこれ見よがしに食べました。

流石に私を空気扱いしていた義母も、特上寿司を食べる私を見て、何かを言い出しました。

あり得ない話のようですが、これは全て実話です。

義父が元気だった頃(8年前にお亡くなりになりました。)少しだけ義母の話を2人でした事があります。

義母は昔から回りに気を使う事が出来ず、食事の用意は自分の分だけはしっかり作るのに、義父が仕事から帰って来ても義父の分は用意されてない事が普段から当たり前のようにあったそうです。

(あと、話し出したら止まらない事と、物が捨てられない事もおっしゃってました。やはり昔からこの性格がデフォだったのです。)

その話を聞いていたので、おそらくこれは嫁冷遇と言う訳では無く、自分が食事をしたかった、息子と孫には食べさせたかった、だから3人分だけ作った、と言う義母の天然行動なんだと解釈しています。(そう解釈しないと、それこそ離縁レベルで腹が立ちます。)

義父が存命の頃は、義父が気を遣ってくれていたので、こう言った事は起こらなかったのでしょう。

しかし、義父が亡くなってからは、残念ながら全てが義母ペースになってしまい、誰も義母の天然を止める事が出来なくなってしまったのです。

ランキング参加しています。

下のバナーをクリックで応援頂けますと
泣くほど嬉しいです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事