頻繁に来るご近所ママ友のグループライン

前回までのあらすじ…6年前、とある住宅街に格安新古物件を購入した私達家族、周りのご近所様は殆どが共働きと言う状況で、専業主婦の私はなんとなく肩身が狭い感じがしました。

それでもご近所様のママ友グループラインに入れてもらい、これからこの奥様方とも仲良くしていこう…と私は思いました。

グループラインに入ってすぐから頻繁にラインが入るようになりました。

どうやらこのママ友グループでは、夜寝る前や家事の合間などに他愛も無い事をグループラインで井戸端会議するのが日常になっているようで、ほぼ毎日の様にあれやこれやと色んな話題のラインが入って来ました。

当時ウチの子供は3歳で、まだ幼稚園にも行っていませんでした。

一人っ子ですがまだまだ手のかかる年頃だったし、引っ越しの片付けもまだ済んでいなかったので毎日忙しい日々を送っていました。

家事育児の合間や寝る前など少しの自由時間は、出来れば自分の好きな音楽を聴いてほっこりしたり、睡眠時間に当てたいとも思っていましたが、ママ友グループに早くなじみたかったので、出来る限りラインの会話に加わるようにしていました。

他のご近所ママ友さんは、うちよりもお子さんも少し大きい方ばかりで、子供に手のかかる時期は過ぎてらっしゃったのでしょう。

それでも毎日共働きで働かれて、家事も育児もして、少しの合間時間はラインで井戸端会議と、非常にアクティブな奥様達ですごいし、その体力が羨ましくもありました。

スポンサーリンク

車カーストでの格付け問題

そんなある日、グループラインで車の話題が出ました。

ご近所様の様子を見ていて、どこのお宅にも大きな高級車が止まっている事は薄々気づいていました。

ちなみにうちの車は当時ミライース一台でした。

子供が産まれて一時ファミリー向けのワンボックスに乗っていた事もあったのですが、うちは転勤族で何度か転勤で引っ越しをして、そのたびに駐車場を契約するにも面倒だったし、お金もかかってしまうので一旦車を手放していたのです。

家を購入して落ち着いたので、足代わりに走りやすい車を購入したのですが、それがミライースでした。

ミライースは車の運転が下手な私でも運転しやすいし、小回りも聞いて狭い道でも困らないし、燃費も抜群で私にとっては最高の車です。

ご近所様はどのお宅も、エルグランドだとかヴェルファイアだとかBMとかボルボとか…車に詳しくない私から見ても高いと分かる車ばかりでした。

そんな車たちを、案の定ママ友さんたちはウチの車すごいだろーと言わんばかりにグループラインで悠々と語ってらっしゃいました。

そして、ミライースに乗る私は、その高級車の話題には一切付いて行けないのでした。

引っ越し直後から、なんとなく自分の仕事や年収でカーストのような物が存在している雰囲気が感じ取れるこのご近所ママ友さん達でしたが、車にもカーストがあるのだろうか…私はまた嫌な予感がよぎりました。

だとしたら専業主婦でミライースがマイカーな私は、カースト底辺だと思われているよな…。

私はこの住宅街に引っ越してきた事をまた悔やんだのですが、今後さらにこの近所のママ友カーストは加速して行くのです。

次回へ続く…(少しの間ブログお休みします。次回の更新をお楽しみに!)

ブログランキング参加しています!

下のバナーをクリックで応援宜しくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

専業主婦ランキング

スポンサーリンク

Twitterでフォローしょう