スポンサーリンク

その働き方大丈夫?余計なお世話な心配事

最近同世代で専業主婦だったママ友さん達がパートに出始めたと言う話を、よく聞くようになりました。

皆さん家庭では家事育児を手を抜かずに取り組まれながら、パートも一生懸命頑張っておられて、いつまでも専業主婦でいる私は本当に頭が下がる思いです。

しかし、パートに出てらっしゃるママ友さんの話を聞くと、

え?その会社大丈夫??

と思ってしまう話もあって、過去にブラックな企業に引っかかってしまった記憶のある私からすると、ママ友さん達の働き方に余計なお世話な心配事を抱いてしまっています。

しかし、頑張って働いてらっしゃるママ友さんに直接

「その働き方おかしくない?」

言うのも本当に余計なお世話と思われてしまいそうなので、この余計なお世話な検索はこのブログ内ではき出そうと思います。

スポンサーリンク

扶養範囲内で収まらない分を天引き

パートに出始めたママ友さんの話で、非常によく聞く話なのですが、扶養範囲内のパートして働き出したはずなのに、結局扶養範囲内では実労働時間が伴わず、扶養範囲を超えて働かざるを得ないのですが、給料は扶養範囲内しか支払われない(103万の壁内で収まるように調整される)と言う話です。

103万を超えてしまうと所得税の納税義務が生じてしまうのでしょうがないのですが、本来なら企業側は扶養範囲内のパートをそこまで働かせてしまうのはNGのはずです。

すべてのパートさんが働き損を起こさないように、人員を調整してシフトを損の無いように組んで扶養範囲内で収まるように調整するのが企業の勤めのはずであり、収まりきらなかった分を天引きするなんてことは本来ならあってはならないでしょう。

もしどうしてもそのパートさんが優秀で、どうしても扶養範囲内を超える働きを求めるなら、正規の社員として雇い入れるべきであり、扶養範囲内のパートと言う面を利用して優秀な人間を低賃金で使う事は、パートへの求めすぎに当たるのではないでしょうか。

頑張るママ友さん達の話はこちらも刺激を受けますし、ママ友さん達が働き損を感じることなく笑顔で働いて欲しいと私は心から思うのですが、どうしてもこう言った話を聞いてしまうと、その企業側のやり方に???を覚えてしまうのです。

スポンサーリンク

主婦パートは働き損への我慢は禁物

私自身もパートに出ていた時そうでしたが、扶養範囲内に実務時間が収まらず、毎月のように働き損を感じて働いていました。

主婦は会社での仕事だけでなく、家庭内での家事育児も大事な仕事です。

会社では損ばかりしていると感じながら、家事育児も365日休み無しで頑張る事は、余程の精神力が無いと長くは続けられないと、私は自身の経験から思いました。

主婦パートは長く続かないとおっしゃる企業もあったりしますが、企業側のシフト調整の甘さもあって結局主婦パートが長く続かない要因になっている事も大いにあり得るのです。

やはり主婦のパートを長く続けるには一人一人が働き損を感じた場合、それを我慢して働き続けずにしっかり企業側に働き損を訴える事が重要に思えます。

一人が我慢してしまうと、企業にとっては得になるので企業側はさらにパートに求めずぎをエスカレートさせて、他のパートさんにも我慢させる事を強要するようになる事も考えられます。

私自身も、前のパートさんはここまでやってくれた、他のパートさんは何時まで頑張ってくれているなど、暗に働き損の強要をされた事があります。

その結果、結局その会社で仕事と家事育児の両立をする事が出来ずに、私はその会社を辞めました。

私のような人間を少しでも減らす為にも、働き損を一人一人が我慢しない事はとても大切だと私は思います。

⬆️こちらの記事もおすすめです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
おすすめの記事