私は過去にスマートウォッチダイエットに取り組み、約10kgの減量に成功した経験があります。

今話題のアップルウォッチも女性のダイエットに非常に有用で、おすすめ出来るアイテムです。

そんな私のスマートウォッチダイエット成功談とアップルウォッチ愛について、専業主婦の浅い知識ではありますが語って行こうと思います。

アップルウォッチってなんで人気なの?

近ごろ、職場や移動中の電車の中、外出先などでアップルウォッチを付けている人を見かける事が多くなって来たと思いませんか?

アップルウォッチは、米アップル社が手掛ける高性能スマートウォッチです。

スマートウォッチは腕時計の様に手首にはめておくだけで自動で心拍数を感知し、心拍数から消費カロリーを自動で計算してくれたり、脂肪燃焼ゾーンを教えてくれたり万歩計になったりと、今やエクササイズやダイエットには欠かせないアイテムと言っても過言ではありません。

また、アップルウォッチはそんなスマートウォッチの機能にスマートフォンの機能の一部も搭載されていて、アップルウォッチ一つで電話がかけれたり、LINEが使えたり、アップルペイで支払いも出来るとても便利なアイテムです。

アップルウォッチは2014年9月9日に初代アップルウォッチ(第一世代)が発売されました。

しかし発売初期は一体何が出来る時計なのかよく理解出来ず、アップル製品が大好きなアップル信者と呼ばれる人でも購買を見送った方も多かったように思います。

また、小さなiPhoneを腕にくっつけたような見た目も一部の方には不評だったようで、アップル製品にしてはおしゃれさがないと言われる事もありました。

しかし発売から数年が経ち、YouTuberや芸能人がアップルウォッチを付けている事を公表して便利さやおしゃれさをアピールされたり、ベルトや文字盤を変える事で自分なりのおしゃれをカスタマイズして楽しめるアイテムだと世の中に浸透し始めた事、また、アップルウォッチ se と言う廉価版製品が発売された事によって徐々に人気が向上し、お家時間の増加での運動不足解消のお供として、昨今は人気のカラーは売り切れになるほどの人気を博しています。

エルメスやナイキなどの人気ブランドとのコラボ商品も発売されたり、有名デザイナーがベルトや文字盤のデザインを手掛けたりと、話題にも事欠きませんし今後もコラボ商品は次々と発売される事と思います。

また、最近では顔認証のiPhoneを使う場合、アップルウォッチを付けているとマスクをしたままでも認証解除が出来るので、マスクが絶対必要なこの世の中で、出かける時にiPhoneとセットでアップルウォッチを持つ事が必須のようになっていたりします。

しかし、廉価版のアップルウォッチ seでも定価は三万以上と、そこそこのお値段がするので気軽に購入できるような代物ではありません。

今話題のアップルウォッチが欲しいけど、高いし購入に迷っている…。

ダイエットに有効と言うが、本当に女性のダイエットに役立つの…?

と言った疑問に対し、過去にスマートウォッチダイエットに取り組んで約10kgの減量に成功した経験のある筆者が、専業主婦と女性の目線でアップルウォッチとダイエットに関する気になる事を、この記事でまとめようと思います。

気になる!女性のアップルウォッチダイエットについて

スマートウォッチダイエットの効果

女性がアップルウォッチの購入を考える場合、やはりダイエットに効果があるのかが気になるポイントなのではないでしょうか。

この点に関して、

「アップルウォッチはスマートウォッチである」

と考えると、別のスマートウォッチではありますが、スマートウォッチを毎日つけて生活し、約二年間で10kgのダイエットに成功した経験のある私が、

「スマートウォッチダイエットは効果がある!」

と断言させて頂きたいと思います。

詳しくは後述したいと思いますが、私は数年前、日本企業であるEPSONの「パルセンス」と言うスマートウォッチを買い、それを毎日つけて生活をしていました。

この「パルセンス」と言うスマートウォッチはダイエットに特化した非常に優秀なスマートウォッチだったのですが、残念ながら少し前に販売終了してしまいました。

私はこの「パルセンス」を大事に愛用していたのですが、ついに数カ月前に壊れてしまい、二代目スマートウォッチとして購入したのが今私が愛用しています「Apple watch SE」です。

↑私の愛用のApplewatchSEです!

正直に言いますと、私はアップルウォッチを愛用し始めてまだ日が浅いので、アップルウォッチを付けてちゃんとしたダイエットに成功したと言う経験はございません。

しかし、以前愛用していた「パルセンス」では確実にダイエットに成功した事実がありますので、スマートウォッチにはダイエット効果があると言え、キングオブスマートウォッチとも言えるアップルウォッチも当然ダイエット効果があると、私はこの記事で言い切りたいと思います。

では、スマートウォッチ・アップルウォッチを付ける事によって、どんなダイエットに役立つ効果が得られるのでしょうか。

少し先述していますが、

スマートウォッチは腕時計の様に手首に付けているだけで自動で心拍数を計測してくれて、心拍数から毎日の消費カロリーを自動で計算してくれます

また、

脂肪燃焼ゾーンと言われる脂肪が燃焼しやすい心拍数の範囲を可視化する事が出来るので、脂肪燃焼ゾーンを意識しながら効率よくエクササイズに取り組む事が出来ます。

毎日スマートウォッチを付けて生活すると、自分がどのくらいの運動をすればどのくらいの消費カロリーがあるかを意識しながら生活する事が出来るようになるのです。

例えば主婦の方なら、毎日の家事をこなす事でどのくらいの消費カロリーがあるのか、家事中に脂肪燃焼ゾーンに入る事があるのかなど、毎日の生活の中でのカロリー消費や脂肪燃焼を意識出来るようになります。

消費カロリーと脂肪燃焼ゾーンを常に意識して生活する事は、ダイエットや健康維持に非常に有用です。

ウォーキングをしていても、自分が今どのくらいのカロリーを消費しながら歩いているのか、脂肪を燃焼する事は出来ているのか、を意識するのとしないのとでは、ウォーキングに取り組む姿勢は確実変わってきます。

また、ただ歩いているだけではなく、歩いていても脂肪燃焼ゾーンに突入していないと思ったら少し速足にしてみるとか、ちょっとだけランを取り入れてみるとか、自分でエクササイズメニューをその都度決めながら効率よくエクササイズを行う事も可能なのです。

実は主婦におすすめスマートウォッチダイエット

スマートウォッチを買う前の私は、家事はほぼ全て家電に頼り切りの生活をしていました。

元々私は身体を動かす事が嫌い、家事も大嫌いな性格で、現代の三種の神器と言われる、ドラム式選択乾燥機、食器洗い乾燥機、ロボット掃除機を毎日使いこなし、ほとんど身体を動かさず家事をしていました。

しかし、数年前に受けた人間ドックで中性脂肪の多さと血糖値の高さを指摘され😱、本気で運動を頑張らないといけない現実を突きつけられてしまったのです。

とは言え、運動嫌いの人間がいきなり運動と言われても、何をすれば良いのかよく分かりませんでした。

お医者さんからは、毎日少しの時間でもウォーキングをする事を進められましたが、天気の良い日はまだしも、雨が降った日や寒い日暑い日などは外に出るのが億劫になってそのままやらなくなったり、なかなかウォーキングを生活の一部にする事が出来ませんでした。

しかしスマートウォッチをつけ始めてからは、

毎日の生活の中で特別な運動を一生懸命しなくても、家事を家電に頼らずしっかり行えば、運動をしているのと同じレベルのカロリーを消費していると言う事に気がついたのです。

私は、運動不足に悩む専業主婦の方にこそ、スマートウォッチダイエットは最適な方法なのでは無いかと思っています。

専業主婦は毎日の家事をしっかり行う事が仕事の一部ですが、家事を毎日家電に頼らず力一杯やる事は、以外とモチベーションが続かない物です。

しかし、スマートウォッチを付けて家事を力一杯やる事で、心拍数が脂肪燃焼ゾーンに入っている事がわかったり、消費カロリーが分かるとモチベーションにも繋がりやすいです。

また、専業主婦は家族のお世話や家事で意外とちょこちょこと動かなければならない事も多いです。

アップルウォッチにはスタンドの時間と言う物があり、一時間に一度は立ち上がって一分間程度身体を動かす事を求められます。

専業主婦の生活なら、スタンドの時間にちょっとした家事を片付けるなどの工夫で、目標を達成する事は余裕ですし、先述した通り普段の家事を脂肪燃焼ゾーンや消費カロリーを意識して工夫する事によってダイエットに繋げる事も可能なので、アップルウォッチ•スマートウォッチは主婦のダイエットに向いたアイテムだと私は思っています。

10㎏痩せた!私のスマートウォッチダイエットのやり方

私がスマートウォッチを買った訳

ここから、私のここ数年に渡るスマートウォッチ生活の事を語りたいと思います。

先述していますが、私が初めてスマートウォッチを購入したのは、今から5年以上前の事になります。

当時から人間ドックで体重増加と中性脂肪の多さを指摘されており、何とかするために人間ドッグの帰りに大手家電量販店で何か良い運動するためのグッツが無い物か…と探しに言った時に店員さんに勧められたのが、私の初代スマートウォッチであるEPSONのパルセンスと言う製品でした。

これからの健康のために運動が必須だった私は、家電量販店で定員さんにパルセンスを進められ、スマートウォッチがどういう物なのかも分からないままその場で購入を決意しました。

その時の店員さんが言うには、

「これを腕にはめておくだけで心拍数を自動で測定し、心拍数から脂肪燃焼ゾーンを自動で感知してくれるので、今自分がどのくらい脂肪を燃焼しているのかを可視化しながら運動する事が出来ます。そして毎日の消費カロリーを自動で測定してくれて、自分が一日でどのくらい運動したのかを、時間とカロリーまとめて数値としてスマホに記録してくれます。」

との事でした。

私はその時初めてスマートウォッチと言う物の本質を知りました。

これがあれば、大嫌いな運動も自分が今どれだけ脂肪を燃焼しているのかを自覚しながら出来るので、少しはモチベーションを保ちながら出来るかも…そう思った私の考えは、のちに正しかったと分かる事になります。

スマートウォッチの効果的な使い方

スマートウォッチを購入した私は、それから毎日スマートウォッチを腕に付ける生活を始めました。

それまで私は殆ど運動をした事が無かったのですが、スマートウォッチを付け始めたのと同時に、少しづつ自分に出来る範囲の運動を始めてみる事にもしました。

最初は軽いウォーキング、慣れてきたら速足でのウォーキング、YouTubeなどでエクササイズ動画を見てマネしてやってみたり、買い物は出来るだけ車は使わず自転車や徒歩で…など激しい運動は出来ないけど、自分で出来る運動を探しては少しづつやってみました。

すると、そんなに激しい運動はしていないのに、脂肪燃焼ゾーンと言われる心拍数の上昇をスマートウォッチが教えてくれるようになりました。

ウォーキングなら少し速足で行うと、すぐに心拍数は上昇し脂肪燃焼ゾーンに突入するのです。簡単なエクササイズをするだけでも脂肪燃焼ゾーンに入りますし、自転車で買い物に行くだけでもゾーンに入る事が分かりました。

それが分かって来るとどんな事をすれば脂肪燃焼ゾーンに入るのか、検証するのが楽しくなってきて、毎日の家事も適当にやらずに力いっぱいやれば、特別な運動をしなくても脂肪燃焼ゾーンに入る事が分かり始めて来ました。

先述していますが、自分の脂肪燃焼ゾーンを意識しながら運動に取り組んだり、毎日の家事をこなす事は、主婦のダイエットに非常に有用です。

脂肪燃焼ゾーンがスマートウォッチの力で可視化出来ると、自分の今の運動や行動が確実にダイエットに繋がっていると言う事を実感できて、ダイエットへのモチベーションアップに繋がりやすいと思います。

スマートウォッチで脂肪燃焼ゾーンを可視化する事によって脂肪燃焼ゾーンを意識する生活をし、毎日の消費カロリーや歩数などを自動で記録し自分にあった効率的な減量方法を見つける事…これがスマートウォッチダイエットの効果的で効率的なやり方なのです。

スマートウォッチダイエットにおすすめの機種は?

スマートウォッチ成功と失敗談

スマートウォッチの便利な機能はダイエットに役立つ機能だけではありません。

睡眠時にもスマートウォッチを装着しておく事で、睡眠時の心拍数からレム睡眠・ノンレム睡眠を自動で感知し、そのデータをスマホのアプリに記録してくれるので、自分のその日の睡眠の質を翌朝に把握する事も可能です。

また、一日の消費カロリーをスマホのアプリに自動で記録してもらえたり、摂取カロリーも自己入力にはなりますがアプリから簡単に入力出来て、それらをグラフ化する事も出来ます。

先述しておりますが、

私は約5年前にEPSONのパルセンスと言うスマートウォッチを購入し、5年間毎日お風呂以外はずっとそのパルセンスを付けて生活していました。

パルセンスはスマートウォッチとしては非常に優秀で、上に書いた機能が全くストレス無く使えるのに、お値段も非常にお手頃で、私が買った時のお値段は約8000円でした。

アップルウォッチやフィットビットなどの有名なスマートウォッチよりもお手頃なお値段なのに、安心の日本企業製で性能も申し分ない、私にとっては毎日の健康維持のために最適なアイテムだったと言えます。

しかし、残念なことにパルセンスは数年前に販売終了してしまいました。

それから数年、毎日大事に使っていたパルセンスは、ついに今年充電が出来なくなってしまい、壊れてしまったのです。

私は約5年にも渡って毎日パルセンスのある生活をしていたので、スマートウォッチを付けていないと何だか生活に物足りなさを感じてしまい、パルセンスに代わるスマートウォッチを購入する事を決断しました。

本当はまた同じパルセンスを購入したかったのですが、今パルセンスを購入するにはフリマサイトやオークションなどで中古品を購入する事になってしまいます。

しかし、毎日腕に付ける物を中古で購入するのは流石に気が引けてしまいます。

最近はAmazonや量販店で、とてもお手頃価格なスマートウォッチも多数販売されており、私は試しにとある量販店で4000円程度のお手頃スマートウォッチを購入してみることにしました。

しかし、この選択は大失敗に終わりました…。

非常に簡易的な心拍数計と万歩計の替わりにはなり得ますが、一番大事な脂肪燃焼ゾーンに入った事が分かりにくかったり、消費カロリーも自動で出なかったり(心拍数から計算して自分で出す事は可能です)、私の買ったお手頃スマートウォッチは、スマートウォッチの一番大事な機能が欠落していました。

毎日腕につけて生活する物なのに装着感も悪く、勿体無いとは思いましたが、結局私はそのスマートウォッチをたった三日で処分してしまったのです。

Amazonなどで、こう言ったおもちゃのような安価なスマートウォッチになぜか口コミで高い点数が付いている事がありますが、おそらくそれはサクラです!

本当のスマートウォッチとしての機能を求めるなら、やはり信頼のおけるメーカー製品を買うべきだと思います。

おすすめ機種はやはりアップルウォッチ!

結局私は新たなスマートウォッチとして、Apple Watch seを購入しました。

アップルウォッチは当然ながら脂肪燃焼ゾーンの可視化や、消費カロリーの記録など、ダイエットに役立つスマートウォッチとしての機能は全て過不足なく備わっています。

私が今まで使っていた「パルセンス」と言うスマートウォッチと、アップルウォッチが決定的に違うのは、エクササイズの為のアプリを多数のアプリ内から自分で好きなアプリが選べる事です。

私は購入時にプリセットされていた「フィットネス」と「ヘルスケア」のアプリと、「Zones」と言うアプリをダウンロードし使っています。

これらのアプリは互換性があり、非常に使いやすい仕様になっています。

摂取カロリーの記録には、「あすけん」と言うアプリを使うと自分の摂取カロリーが簡単に入力できますし、そのデータを「ヘルスケア」に自動で反映させる事も出来ます。

また、当然ですがAirPodsなどのワイヤレスイヤホンを使えば、スマホが無くてもアップルウオッチから音楽を聴く事が出来、運動のお供に音楽を気軽に聞く事が出来ます。

セルラーモデルなら例えばスマホや財布を家に置いていても、アップルウォッチさえあればジョギングやウォーキング中に電話やラインを受ける事も出来、音楽を聴く事も出来、アップルペイでコンビニで飲み物を買う事も出来、脂肪燃焼ゾーンの計測に消費カロリーの記録、運動に必要な要素をすべて一つでこなしてくれるのです。

私はセルラーモデルのアップルウォッチは購入しませんでしたが、セルラーモデルでなくても、スマホをポケットやウエストポーチの中に入れっぱなしなら同じことが可能です。

天気の良い日はiPhone・Applewatch・ AirPods の三種の神器を持ってウォーキングを行う事が私の最近の日課で、もうこの三種の神器が無いと毎日の生活が成り立たなくなっていると言っても過言ではないです。

アップルウォッチの注意点

アップルウォッチダイエットに必要なアプリ

ここからは、私が感じたアップルウォッチの注意点について語りたいと思います。

この記事で何度も書いていますが、

スマートウォッチを付けてのダイエットは、毎日の消費カロリーを記録する「記録ダイエット」と「脂肪燃焼ゾーンの可視化」を併用してのダイエットとなる訳ですが、アップルウォッチを付けていれば、その二つは当然問題無く自動で行えます。

しかし、上記を自動で行うにはほとんどの場合「zones」と言うアプリを使って行うことになるのですが、

このアプリが無料版では簡易的な機能しか使う事ができず、記録ダイエットとして多くの情報を記録し後に情報を分析したいと思うなら、有料版を使う事になってしまいます。

無料版でも毎日の健康を意識するだけなら十分な性能ですが、やはりストイックにダイエットに勤しみたい場合はやはり有料版でないと機能的に物足り無さを感じてしまいます。

また、記録ダイエットを完璧にやろうと思うと摂取カロリーの記録もとても重要になります。

こちらもアップルウォッチでは「あすけん」のアプリを使っての入力になるかと思いますが、無料で使える機能は限られており、機能的に使うには有料版が必須です。

ちなみに、以前使っていた「パルセンス」というスマートウォッチは、これらの機能はすべて一つの無料公式アプリで行う事が出来ました。

スマホやタブレットなどを使い慣れている世代の人間なら、自分のTPOに合わせて使いやすいように無料版有料版を組み合わせてカスタマイズする事に慣れていると思いますが、そうでない世代の方には何をどうすればいいのか分からなくなる可能性もあり、購入前にアプリの知識を勉強しておく必要もあると思います。

アップルウォッチは、電話ができ・音楽が聴け・アップルペイで支払いも出来るなど非常に多機能な上に健康への意識も高める事が出来る、とても便利なアイテムです。

しかし、本気のダイエットや筋トレに挑もうと思うと、アプリを有料版にカスタマイズする必要があったり、様々なアプリを使う知識も必要になりますので注意が必要です。

↑専業主婦の有酸素運動と筋トレにはリングフィットがおすすめ!
↑おすすめ関連記事
おすすめの記事