やばい会社の求人詐欺

パート形態での働き方を選択する求職者は、育児や介護などで働く時間に制限があったり、自身のスキルに合わせた働き方を求めていたりと、様々な理由があってパートと言う形での働き方を選択しているはずです。

決して会社側に、給料が安い事だけを利用されて良いように使われる為にパート社員になった訳ではないはずなのですが、結果的にパートでも正社員とほとんど変わらない仕事量を与えられ、正社員とほぼ同じ扱いを受けてしまう…少なくとも私が経験した会社はそう言ったやり方の会社ばかりでした。

また、パート募集の求人票に書かれている事も詐欺に近い事が書かれており、

「初心者でも丁寧に指導しますのでご安心ください。」や、

「残業・休日出勤無しで、育児中のお母さんも安心して働けます!」

「みんな仲良く和気あいあいとした職場です。」など、

一見主婦でも働きやすそうで、フレンドリーな間口の広い職場を演出するような求人票の書き方は、ほとんどの場合がそれとはまったくの真逆な職場だと思った方が良いように思えます。

私も実際、上記のような書き方のしてある求人票を信じてその会社に入社しましたが、会社の本来の実態は、

「初心者は昼休みや時間外に常に勉強してすぐ仕事に慣れろ!」

「育児中だろうが何だろうが残業や仕事の持ち帰りは当たり前!」

「社長の前だけは皆仲良さそうだけど、実際は殺伐としています!」

が本当のリアルでした。

パートの求人内容と実際の仕事が違う問題はなぜ起こる?

こう言った、求人票に書かれている事と実際が違うと言う求人詐欺のような事がなぜ起こってしまうのか…それは結局は会社の「なあなあ体質」が原因だと私は思います。

とりあえず人材を確保さえすれば、あとはその人材の裁量でどうにかやってくれるだろう…と言う、今までもそのやり方でやって来たのだから…と言う、その会社が昔からやって来た昭和的な「なあなあ」なやり方が、今の令和の時代でも通用すると、未だに思い込んでいるのでしょう。

ただ、そのやり方をそのまま求人票に書いてしまうと当然エントリーは少なくなってしまうので、求人票には美味しい事だけを書いて人材だけは確保しようとする…万年人手不足に悩まされている=人材の定着率が悪い=会社の体質がブラック、な会社の行う常套手段です。

私の経験から言わせて頂きますと、求人票に上に書いたような

「初心者OK」や「和気あいあいとした職場」など、間口の広い書き方のしてある会社は、必ず何か裏があると思ってその求人のエントリーには慎重になる方が、求人被害に合わない為にも賢明だと思います。

おすすめの記事