なぜ私は子供を公立幼稚園に預けてパートに出たのか…

今回の記事より、私が数年前に子供を公立幼稚園に預けてパート社員として働いていた頃の話を、何回かに渡って書いて行きたいと思います。

私が当時パート社員として働いていた会社に関する話題は、「ブラックパート無理!」カテゴリーで延々と語っていますので、是非そちらの記事を読んで頂きたいのですが、

一言でその会社を説明しますと、その会社は

「主婦パートに多くを求めすぎる会社」

で、私はパートながら正社員とほぼ同じ仕事を押し付けられて、毎日の残業や持ち帰りの仕事でてんやわんやの生活を送っていました。

そんなに忙しい会社で働いているのなら、行事や保護者負担の多い公立幼稚園ではなく、働くお母さんに優しい保育園に預けて、少しでも育児の手間を省いて働けばいいのに…と思われるかもしれません。

勿論私もそう思って保育園への応募はしていました。

しかし希望していた保育園は全て落選し、子供を保育園に入園させる事は出来なかったのです。

私達家族は、子供が三歳の時に今住んでいる地方都市に引っ越して来たのですが、この街は非常に共働き率の高い街で、保育園は常にどこも満員でした。

近所の奥様達もほとんどの方が子供を一歳から保育園に預けて働いておられ、人気の保育園はほとんどが兄弟枠などですでに定員は満員…新しく引っ越して来て、まだ求職中の私が人気のある保育園に預ける事は到底不可能でした。

勿論、あまり人気の無い、送り迎えに長時間かかるような場所にある保育園なら空きがありました。

しかし引っ越したばかりの土地で、長時間かけて毎日子供を送り迎えしながら働くと言う選択肢は、その時の私にはありませんでした。

なので、近場の保育園の空きが出るのを待つ事になったのですが、結局一年経っても空きは出ず、どこにも預ける事ができないまま子供は四歳になって年中の年になってしまいました。

なんとか年中からでも近場の保育園に預けられないものかと画策したのですがそれも無理だと分かり、年中から入園出来る二年保育体制の公立幼稚園しか選択肢が残っていなかった為に、結局私は選択肢の無いまま子供を公立幼稚園に入園させる事になったのです。

少し先述しましたが、公立幼稚園は毎日お弁当・園バス無し・保育時間は三時まで・行事も多く、保護者の負担も多い…などの理由から働くお母さん向けの幼稚園とはいいがたく、他のお母さん達はほとんど専業主婦でした。

私もそれに倣って専業主婦の道を選べば、余計な苦労をせずに済んだのかもしれません…。

しかしこのブログ内で何度か記事にしているのですが、なぜか当時近所のママ友さんや義母や親戚などから

「なぜ働かないんだ!働けよ!」

と働け圧力をかけられる事が多く、子供が幼稚園に入園して少し育児負担が減ったならば働かなければならないんだ…と言う暗示のような物にかけられていたのです。

勿論育児家事優先で、子供が幼稚園に行っている間だけ主婦の空き時間の有効利用として働くのなら、そこまで大変では無かったのかもしれません。

当然ですが、当時の私もそう言った働き方をするつもりで最初は仕事を探したのです。

しかし、ハローワークの求人票では

「主婦の方でも時短で余裕をもって働けます!」

などと、働くお母さんに優しい職場アピールだったのに、いざ入社してみると実は

正社員レベルの仕事量を主婦パートに課せるような会社

であり、求人詐欺とも言える目に遭ってしまった…と言う訳なのです。

そして押し付けられるクラス役員

そんなこんなで、私はパートながら正社員レベルの仕事を押し付けられ、子供は保護者負担の多い公立幼稚園に預け、毎日が不安定でてんやわんやな生活を送る事になったのですが…

そんな私にさらなる試練が訪れました。

子供が年長になった時に、なんとクラス役員に選出されてしまったのです。

この幼稚園のクラス役員はクラスの幹事的な役割で、クラスで茶話会やお楽しみ会を行う時に段取りを任せられたり、行事のゲームなど色々考えて用意をしなければなりませんでした。

しかも、この幼稚園では伝統的に行事を盛大に行う事が慣習になっており、年長で幼稚園生活最後と言う事もあって、他のお母さんたちは行事をとても楽しみにされているようでした。

当然私は仕事が忙しいので、そんな忙しいクラス役員をこなせる自信はありませんでしたので、行事を楽しみにされている層のお母さんがきっと役員を引き受けてくれるだろう…と、勝手に思い込んでいました。

けれども現実は非常で、行事は楽しみだけど役員はやりたくない…と言う方お母さん方ばかりの中で、結局役員はあみだくじで決められる事になり、私はその役員を引き当ててしまったのです。

仕事が忙しいと言う言い訳は一切聞き入れてもらえず、くじで負けた私はほぼ無理やりに役員をさせられる事になってしまいました。

くじで役員が決定するまでは無口だったお母さん方が、私が役員に決まったとたん

「今年は色んな行事やお楽しみ会をやりたい!」

「謝恩会は盛大にやりたい!」

などと、口々に言い出し始めた事が、私にはとても印象的でした…😅

忙しい…クラス役員エピソード

その後の私の忙しさ…以下にその時のエピソードをご紹介します。

幼稚園ママさんとの付き合いが大変!

要約

あみだくじでの抽選で、運悪くクラス役員を押し付けられてしまった訳ですが、同じクラスのお母さん達も私の仕事が忙しい事は皆さん承知してくれていました。

そんな皆さんの言葉もあり、とりあえずは飾り的な役割になってしまうかもしれないけれど、クラス役員をやってみる決意を私は固めました。

そんな私に、とあるお母さんが話しかけてきました。そのお母さんは去年のクラス役員を務めておられたお母さんで、過去にも何度もクラス役員やPTA役員を務められた事のある、いわゆる「ベテラン役員」さんでした。そんなベテラン役員のお母さんが私に、

「どんな事でも協力するから、遠慮なく何でも言ってね!」

と、仰ってくれたのです。

数日後…仕事中にそのベテラン役員さんからラインが来ました。

たまたまその時上司に怒られて、仕事でてんやわんやしている最中だったのですが、ラインの内容は、

「連休明けにどこかのお店でクラス会を開くのがこの園の慣習なので、クラス役員さんは大人数で貸し切れるお店を数件リサーチし、どのお店で開催したいかクラスのお母さん全員にアンケートを取って下さいね。ちなみに去年、私のクラスはテイクアウトのランチを人数分注文して、公園でピクニックしました。これらの準備をクラス役員さんは連休までにお願いします♡」

遠くで上司が怒鳴り声をあげる中、これらの文字が私には違和感と言うか、遠い世界の言葉の様にも思えたのです。その時私は、幼稚園ママさんとの付き合いとパートの両立と言う難しすぎるミッションに直面し、今後の私の運命に少しの不安を覚えていたのでした。

忙しい仕事と幼稚園役員の両立

要約

私がクラス役員に選出されてから、今まで何度も役員を経験した事のあるベテラン役員ママさんから、頻繁にラインが入るようになりました。

勿論、そのベテラン役員ママさんは、私がクラス役員として困る事が無いように色々教えて下さっているので、その気持ちはとてもありがたい物でした。

私は仕事をしていたので、クラス役員に選出されるまではほとんどそう言った行事や交流会には参加出来ていなかったので、他のお母さん方との横の繋がりもほとんどありませんでした。

そんな状態からのクラス役員選出だったため、ベテラン役員のお母さんからは私がきちんと行事の準備が出来るのか心配だったのかもしれません。

その気持ちは大変ありがたく、初めてのクラス役員だった私には本当に心強い物だったのですが、ただ、仕事で忙しい時でも関係なくクラス役員の仕事も頭に入れなくてはならない事が、余裕の無い私にはプレッシャーに感じてしまいました。

バザーなどの行事で過ぎていく休日

要約

私が息子を通わせていた幼稚園は、とにかく園行事が盛んな幼稚園で、行事を行う予算を捻出する為のバザーや廃品回収なども日常的に頻繁に行われていました。

そしてそれらの行事はほとんどの場合土日に行われていました。当時私がしていた仕事は、5月~6月ごろが繁忙期で一年で一番忙しい時期でした。

毎日残業や持ち帰りの仕事をしないと仕事が間にあわず、時には休日出勤もしなければならない事もありました。

そんな仕事の繁忙期と、幼稚園のバザーや廃品回収の繁忙期?はどうやら同じらしく、仕事が忙しくなってきたと思ったら、幼稚園のバザーや廃品回収が土日に行われて、クラス役員だった私はそれらにも参加せざるを得ず、数週間にわたってまともな休み無し…と言う状態になりました。

会社にも幼稚園にも気を使う日々

要約

私が選出されてしまったこの幼稚園のクラス役員は、幼稚園のクラスの幹事的な役割で保護者同士のクラス会やクラス内で行うイベントの企画や準備を行うのが主な仕事でした。

クラス役員の上にPTA役員があり、園全体で行う行事はPTA役員が企画運営を仕切ったりする訳ですが、PTA役員の中には「バザー委員」や「夏祭り委員」など多岐にわたる委員会が存在し、園の一年間の様ざまな行事を委員会が企画運営する仕組みでした。

行事の規模や内容はその年の委員会の方々のやる気に大変左右され、やる気満々の方々が委員会をされると、大々的に行事が行われる事になり、パートに出て働いてらっしゃるお母さん方には、行事が楽しみな気持ちの半面、仕事への負担が多少ながら生まれる事になってしまい、複雑な気持ちを抱える事になってしまうのでした。

私がクラス役員になった年の幼稚園の夏祭りは、夏祭り委員の方々の大変なやる気により、盛大に開催される事になりました。

しかも幼稚園の敷地を使う都合で開催されるのは平日です。仕事のあるお母さんは夏祭りの為に休みを取って参加する事になり、会社の都合によっては大変気を使わなければいけない事になってしまいます。

かういう私も、クラス役員なので他のお母さん方には夏祭りに欠席の無いように連絡しておきながら、自分だけ仕事で欠席する…なんて事は許されないでしょうし、会社に気を使いながら休ませてもらうしか方法はありませんでした。丁度その頃、子供がよく熱を出して会社を休むことも多かったので、今度は幼稚園の夏祭りで休ませて欲しい…と会社に言い出すのはとても気を使いました。

もちろん、会社の雰囲気によってはこう言った行事や子供の熱などに寛容で、休みも気にせず取れる会社もあるでしょうが、私の住む地方都市ではまだまだそう言う雰囲気の会社は少ないです。行事が少なく保護者負担の少ない保育園なら働くお母さんに優しい行事スケジュールになっているでしょうが、行事の多い公立の幼稚園生活とパートの両立は、平日に行われる行事が多い場合は本当に大変で、常に会社や幼稚園の委員会側に気を使う事になってしまうのです。

幼稚園の夏休み問題と仕事

要約

子供を夏休みなどの長期休みがある幼稚園に預けながらパートで働くママさんの、最大の悩みが休み中子供をどこに預けるのか…と言う問題ではないでしょうか。

幼稚園によっては、夏休み中も預かり保育を実施されている園もありますが、私が息子を通わせていた公立幼稚園は夏休みは一切預かり保育などは無く、夏休み期間も働くのなら、その期間の子供の預け先を自分で調達する必要がありました。

私達家族が住んでいる地域は、私の実家からも義実家からも離れた場所で、どちらかの実家に子供を預ける事も不可能でしたし、そもそも私の母も義母も当時は働いていたので見てもらう事は出来ませんでした。

また、私達自身引っ越して間もない時期だったので、ご近所さまに子供をみてもらえる様な間柄の方もおられず、誰かに子供を預けると言う方法は取れません。

主人は当時から激務で朝早くから夜遅くまで家にいませんし、今の様にテレワークも無い時代でした。途方に暮れた私は、どうにか夏休み期間に子供を預ける方法が無い物か役所に相談に行きました。

しかし、役所の子育て支援課の担当役人の方は、その話を聞くなり鼻で笑い、「なぜ夏休みがあると分かっていて、幼稚園に通わせながら仕事をはじめられたのですか?」と、仰りました…。

まあ、その通りなんですが…。

急に幼稚園が休みになる問題

要約

当時の私はパート社員ながら仕事に翻弄される日々を送っており、毎日少しの余裕も無い生活を送っていました。会社からの帰宅後も少しの空き時間が出たら、仕事の調べ物や確認作業などをしなくてはならず、自分の時間や子供と余裕をもって接する時間など皆無でした。

持ち帰りの仕事があると、子供と過ごす為の少しの時間でも仕事の事を考えてしまったり、少し時間に余裕が出来ても仕事の事を検索したりする時間に使ってしまったりで、本当に仕事を忘れて気分転換する事は出来ませんでした。

そんな毎日のスケジュールが急に崩される瞬間…それは幼稚園の休園です。自然災害やインフルなどの伝染病(当時はまだコロナ禍ではありませんでした。)の蔓延で、息子の幼稚園はたびたび休園になりました。先述していますが、私は当時クラス役員に選出されていたので、そう言った休園がある場合はクラス役員がクラスの保護者さん全員に連絡網を回し、お迎えなどをお願いする役目も担っていました。

昔は電話での連絡網を作っていたらしいのですが、ここ最近はクラスラインを作って連絡網を回す形になっていました。ラインを入れるだけなので楽…だと思われがちですが、クラス全員の保護者さんがすぐにラインを見て既読を付けてくれる訳も無く、いつも数人の既読がつかないので、そう言う場合はクラス委員が直接電話をかけて連絡しなければなりませんでした。

仕事中に、一度に複数人に電話連絡しなければいけない時もあり、正直昔ながらの電話での連絡網の方がこちらの手間は省けるのに…と思う事もありました。

そして、全員に連絡が行きわたった事を確認して、自分も仕事を置いて子供を迎えに行かなければなりません。その時の同僚パートさんや上司の冷めた目を、私は今でも忘れる事が出来ません…。

卒園後も幹事をさせられる?

要約

そんな忙しい一年でしたが、卒園式を終えて担任の先生とのお別れ会も無事終了し、やっとクラス役員から解放される時がやってきました。

卒園の寂しさもあり、忙しかった一年も思い返してみるとあっという間で、このままクラス役員が終わってしまうことにも一抹の寂しさを感じていました。

しかしこれからは役員も終わって子供も小学生になるし、嫌だけど仕事に打ち込もう…そう思った瞬間、幼稚園のお母さん達は私にこんな事を言いました。

「毎年、クラス役員さんはそのままクラス会の幹事になってもらっているので、森林さんこれからもよろしく!」

………はい?

この幼稚園では保護者同士の結びつきが固く、幼稚園を卒園後もたびたびクラス会が開催されるのです。早い時には卒園後の春休み期間に早速クラス会を開催される事もあったり、遠足などのイベントも幹事が中心となって開催されるとの事…。

当然そのクラス会の幹事に期限は無く、クラス会が開催される間はずっと幹事をしなければならないのです。もちろんクラス役員の頃よりは仕事も減って、負担と言う意味では楽になるのですが、幹事と言う言葉が私にはプレッシャーにも感じ、まだ仕事があるのか…と軽いめまいのような物を感じてしまったのです。

幼稚園ママがパートで働く大変さ

私の例もあるように、子供を保護者負担の大きい幼稚園に子供を通わせパート出てしまうと、そのパート先の会社の職場環境によっては非常に忙しい思いをしてしまう事も考えられます。

役員に選出される可能性も多々ありますが、どんなに幼稚園の行事で忙しくても仕事に穴を開けると職場で大変な思いをしなければならない事になったり、職場で白い眼で見られてしまう事もあり得ます。

しかし地域によっては保育園の空きが無かったり、パートで子供を保育園に預けたい場合は非常に遠方の園しか入れれなかったりと、働くお母さんに優しい保育園に預ける事はハードルが高い場合が多いです。

私自身、幼少期に自宅から遠く離れた保育園に預けられていて、殆ど近所のお子さんとコミュニケーションを取らないまま一年生になって、なかなか近所のお子さんの輪の中に入れず疎外感を感じた事がありました。

遠くの保育園に預けると、そういった一年生の壁とも言える思いを子供に課せる事になってしまうかもしれません。

幼稚園なら帰宅時間も早いので、近所のお子さんと事前にコミュニケーションを取る時間もあるでしょうし、実際私の息子は幼稚園に通った事で一年生になる時には近所に溶け込んでいて、一年生の壁を感じずすんなり学校に通い出す事が出来ました。

パートに出る時幼稚園か保育園どちらが良いのかは、地域の事情、子供の進学事情、仕事の事情などを多角的に考えて、最善の方法を選べるようにお母さん自身が余裕をもってそれらを考える気持ちの余裕が、とても重要になると私は思います。

おすすめの記事