大変すぎる幼稚園のクラス役員とパートの両立

忙しい会社でパート社員として働きながら、幼稚園のクラス役員に選出されてしまった数年前の私…。

なぜそんな事になってしまったのかは、是非過去記事をご参照下さい↓

私がクラス役員に選出されてから、今まで何度も役員を経験した事のあるベテラン役員ママさんから、頻繁にラインが入るようになりました。

ラインの内容は、幼稚園の行事やクラス会などのイベント関する事が殆どで、いついつまでにこれとこれの準備をしたり、他のお母さん方にこの時期までにアンケートを取ってその結果でこれをして…など私がクラス役員としてやるべきことを、今までの経験からとても詳しく教えて頂いていました。

勿論、そのベテラン役員ママさんは、私がクラス役員として困る事が無いように色々教えて下さっているので、その気持ちはとてもありがたい物でした。

過去の記事でも書いていますが、私が子供を通わせていた幼稚園は行事や保護者同士の交流会がとても盛んに行われている園で、保護者同士でサークル活動や飲み会なども頻繁に行われていました。

私は仕事をしていたので、クラス役員に選出されるまではほとんどそう言った行事や交流会には参加出来ていなかったので、他のお母さん方との横の繋がりもほとんどありませんでした。

そんな状態からのクラス役員選出だったため、ベテラン役員のお母さんからは私がきちんと行事の準備が出来るのか心配だったのかもしれません。

その気持ちは大変ありがたく、初めてのクラス役員だった私には本当に心強い物だったのですが、ただ、仕事で忙しい時でも関係なくクラス役員の仕事も頭に入れなくてはならない事が、余裕の無い私にはプレッシャーに感じてしまいました。

私もそっちの世界に行ってみたい…

幼稚園ママさんとクラス役員の事で交流するうちに、私の中に一つの意識が芽生えてきました。

子供を通わせてる幼稚園で行事や交流会を通して他の保護者の方と仲良くなり、育児や幼稚園生活の事を楽しく話し合ったり、先輩ママさんに分からない事を聞いたり、時には愚痴なども吐き合える仲間を作る事…これが実は非常に尊い事なのでは無いかと言う事です。

そして、そんな尊い事へのお手伝いを、私はクラス役員としてお手伝いさせて頂けていると言う事です。

出来れば私も仕事中心の生活を抜け出して、一生に数年しかない尊い保護者の幼稚園生活をもっと楽しむべきではなのだろうか…そんな気持ちすら浮かんできていました。

仕事に復帰するのは、子供が小学生になってからでも遅く無かったのではないか、親戚や義母などからの働けアピールに屈せず、自分が本当に落ちついて仕事に取り組めるタイミングでの就職でも良かったのでは無いか…。

幼稚園生活を子供と一緒に精いっぱい楽しみ、保護者同士の繋がりも積極的に持って幼稚園の行事も盛り上げていこうと言う気持ちの強いお母さん方と関わる中で、仕事に振り回され子どもとの時間すら満足に取れていない私の気持ちは、ゆらぎ続けて行くのです。

おすすめの記事