リングフィットダイエット七日目

七日目の今回の記事は、脂肪燃焼におすすめのメニューの組み方について語りたいと思います。

何度かこのブログ内で紹介してきましたが、私はリングフィットアドベンチャーのカスタムモードで、↑のようなメニューを組み、ほぼ毎日こなしています。

前回の記事では、一つ目のメニュー「ハシラセ橋」の解説をしました。

今回は二つ目のメニュー「ステップアップ」の解説をしようと思うのですが、この「ハシラセ橋」と「ステップアップ」の組み合わせが効率的に脂肪燃焼に繋げる事になるのです。

ステップアップの脂肪燃焼効果について

毎日のエクササイズを効果的で効率的にこなすには、心拍数を「脂肪燃焼ゾーン」と呼ばれるゾーンまで高めつつ有酸素運動と筋トレを行う事だと言う事はこのブログ内でも何度も書いていますが、そのためにエクササイズの最初のメニューで、まず心拍数を急激に上げて脂肪燃焼ゾーンに突入させておく事がとても大事です。

そしてその心拍数を維持しながら筋トレを行えば、有酸素運動と筋トレを同時にこなす事ができて、短時間で効率的に効果のあるエクササイズが行えると言う訳です。

そのためにリングフィットのカスタムメニューで、私は「ハシラセ橋」と「ステップアップ」をこなしている訳ですが、この「ステップアップ」と言うメニューが、心拍数を高めて脂肪燃焼ゾーンを維持するためにとても優秀なメニューなのです。

「ステップアップ」は、左右にステップを踏みながら腕を上下させる全身運動なのですが、左右にステップを踏むと言う動作は、様々なエクササイズDVDやYouTube動画などでも心拍数を上げる効果のある動作として紹介される事もあり、有酸素運動として効果的なエクササイズだと広く知られています。

↓こちらのサイト様では、「サイドステップ」として「ステップアップ」とほぼ同じ動きのエクササイズを紹介されていますので、是非ご一読下さい。

脂肪をがんがん燃やせ!人気トレーナーが薦める、家でできる有酸素運動7選

そんなに優秀な運動なんだったら、「ステップアップ」のみを延々をこなせば効率的な有酸素運動になるんじゃないの?

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、「ステップアップ」は実はとても膝に負担のかかる運動です。

なので、ステップアップだけを延々とこなすと、運動慣れしていない方だと確実に膝を壊します。

実はこの私も、以前ステップアップだけを40分間こなすメニュー構成にしていたのですが、心拍数は確かに上がりやすかったのですが、三日目に膝を壊して半月以上まともに歩けないと言う状態になってしまいました…。

食生活も運動も偏ったやり方をするのではなく、バランスよく行う事が年齢を重ねた世代のダイエットと健康には大事なのです。

なので私はリングフィットのメニュー構成で同じメニューは二回入れないようにしています。

「ハシラセ橋」でジョギングを行って急激に心拍数をあげ、その上がった心拍数を安定させる為に「ステップアップ」を50回行う…これが私が効率的効果的にリングフィットを行う為のメニューの組み方です。

ちなみに、リングフィットが脂肪燃焼を行う為にいかに優秀を少し説明したいと思います。

↑このグラフは上から順に、リングフィットで私のおすすめメニューをこなした時・エアサイクルを中程度の力で漕いだ時・速足程度のウォーキングをそれぞれ20分間行った時の心拍数の上昇値のグラフです。

グラフを見て貰えば一目瞭然ですが、リングフィットはメニューの組み方により、急激に心拍数が脂肪燃焼ゾーンまで引き上がっていて、その後多少の上下はありますが、それを維持したまま最後までエクササイズを行えています。

エアサイクルとウォーキングは音楽を聴きながらなど、ながらで行えるのがメリットですが、心拍数の上がり方は緩やかで、脂肪燃焼ゾーンまで上がっても最大心拍数は低い位置で推移しています。

勿論ウォーキングやエアサイクルも、最初にジョギングを行うなどして心拍数を上げる方法が取れますが、有酸素運動のみで筋トレは行えません。

リングフィットの良さは、最初に心拍数をあげて有酸素運動状態を保ちながら筋トレが行える点です。

これが効率よくエクササイズをこなす為に私がリングフィットアドベンチャーをおすすめする一番の訳なのです。

(ちなみに消費カロリーもリングフィット88・サイクリング58・ウォーキング65と、同じ時間でもリングフィットが一番効率が良いです。)

ただ、毎日リングフィットだけだと飽きてしまうので、たまには外に出てウォーキングをしたり、好きな動画を見ながらエアサイクルを漕いだりするのも気分転換には良いと思います。

おすすめの記事