リングフィットダイエット十四日目

筆者のリングフィットダイエット生活も二週間目に突入です。

夕食に白ご飯は食べないなどの軽い食事制限はしていますが、きちんとカロリーを測って厳しい食事の制限をする事まではしていないので、正直二週間たったところで体形や体重に大きな変化は今のところありません。

しかし、自分自身としては

・疲れにくくなった

・お通じが良くなった

・毎日のメニューが少しづつ楽にこなせるようになった

等、変化を確実に感じながら生活しています。

これから夏に向けて食事制限も少しずつ始めて行き、理想の体型を目指して行きたいです。

お腹瘦せにおすすめのリングフィットでのメニュー構成

私が今回のダイエットで一番目標にしているのは、ウエストを絞る事です。

太ももは毎日の買い物や家事で割と使うので、割と普段の生活で絞る事が可能です。

二の腕や背中は多少お肉が付いていても服装でカバーも可能ですが、お腹ぽっこりだけは体形カバーの服を着てもどうしても目立ってしまう場所です。

私は毎日↑のメニューをリングフィットのカスタムでこなしている訳ですが、お腹痩せをかなり意識してこのメニュー構成にしています。

これまでもこのブログ内で語って来ましたが、お腹痩せをする為にはお腹についた脂肪を燃焼させ、お腹周りの筋トレを行う事が大事です。

そのために、メニューの前半でまず心拍数を脂肪燃焼ゾーンに上げるためにジョギングとステップアップを行います。

その後、マウンテンクライマーやプランクなど全身を使うきつめの筋トレを行い、心拍数を安定させて脂肪燃焼ゾーンを維持させ、その後ハサミレッグ・レッグレイズ・ニートゥチェストなどの腹筋に効く筋トレを行うと、効率よくエクササイズがこなせるのです。

ここまでエクササイズをこなすと、心拍数は安定して脂肪燃焼ゾーンを維持できるようになるので、ここからは軽めの有酸素運動をこなすだけでどんどん脂肪が燃焼して行きます。

そこで、メニューの後半に「アームツイスト」や「スワイショウ」などのひねり系の軽いエクササイズをこなして脂肪燃焼に繋げています。

リングフィットのカスタムでお腹痩せにおすすめのメニュー構成とは?

今回は私がメニューの後半に必ず入れている、「スワイショウ」をご紹介します。

スワイショウはリングコンを両手で持って、左右に上半身を大きくひねるエクササイズです。

スッキリウエストや脂肪燃焼の効果があるとされていますが、「スワイショウ」自体はあまり負荷が高いエクササイズではないので、これ単体では脂肪を燃焼させる事は難しいです。

先述した通り、心拍数を適切にあげた上で締めにスワイショウを行うと、脂肪燃焼効果が高まりお腹痩せのエクササイズとして有効ですのでおすすめです。

おすすめの記事