ご訪問ありがとうございます😊
物の溜め込み癖のある姑、義実家は必要のない物で溢れかえっています。

先日、自宅の近くの道路に放置してあった脚立。
一体何のために置いてあるのだろう、そんな疑問が沸沸と湧いてきました。

その日はたまたま、珍しい貨物列車が通る日だったようで、時間が来ると脚立の周りに撮り鉄さん達が集まり出しました。

今の住まいは、JRの線路がすぐ横にあるので、そう言う光景をよく目にします。

(ちなみにその貨物列車は、うちのベランダから何度も見たことある列車でした💦)

うちからは、京都線の上下が毎時40本見えます。

その脚立を見て、何故か義実家の灰皿の件を思い出しました。

今は亡きお義父さん愛用で、どうしても捨てれないとかならまだ理解出来るのですが、なぜ、最後に会ったのが13年前の方用の灰皿が、メインの食卓のど真ん中に存在しているのか、謎を通り越して、どこか別次元に無理やり連れ込まれた位の衝撃を受けました。

せめて、どっかしまって、使うときだけ出そうよ・・・💦

ランキング参加しています。

下のバナーをクリックで応援頂けますと
泣くほど嬉しいです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事