色々と義母へのツッコミどころは多いですが、ガチで私の絵を無視しているのか、単にマジで気づいていないだけなのか判断すら出来ない…それがウチの義母なのです。

スポンサーリンク

粗探しはするのに、絵は興味無し?

この記事は数年前に義母がうちに泊まりに来た時の話題です。

以前泊まりに来た時はまだ新築だった事もあり、とくに大きな粗は発見出来なかった義母でしたが、今回は探す気満々と言う雰囲気で、鼻息も荒く、家に上がり込んだ瞬間からジロジロキョロキョロ。

そして、あれが変わっている、ここにはあれがあったのに無いなど、どうでも良い事はよく覚えていてあれこれと言うのに、一番見て欲しかった自作の絵は完全スルーでした。

ちなみにこの時飾っていた絵は、私が暇を見つけては少しずつ少しづつ色を足しながら描いた油絵です。

友達や近所の方が遊びに来られた時はこの絵の話題で話が弾んだので、義母とも少しは私の事を話せるきっかけになるかな?ぐらいの気持ちで飾って置いたのですが何のネタにもなりませんでした。

(漫画のネタにはなりましたが😅)

それどころか、粗探しは大好きなのに、嫁の描いた絵には全く興味無しと言う義母の態度に、モヤモヤした気持ちが体全体を支配しているようでした。

スポンサーリンク

義母の趣味には無理矢理付き合わされる地獄

私の趣味には全く興味無しの義母ですが、ご自分の趣味には私を無理矢理付き合わせようとします。

義母の中では、自分が好きな物は他人も好きになるのが当たり前と言う、自己中感満載の考え方をされています。

まるでドラ○もんのジャ○アンが、無理矢理下手な歌を友達に聞かせている光景の様な物です。

何度か義母の趣味についてはこのブログで書いていますが、まとめると…

①一方的な長電話で悪口や噂話を喋る

②幕末の歴史について語る

③陶芸の知識をひけらかす

④次々と新車を買う

⑤家に要らない物を溜め込む

となります。

どの趣味ももれなく私は被害にあってますが、

②幕末の歴史と、

③陶芸の知識は、

喋り出したら止まらず、喋っている最中にトイレくらい行っても気づかないんじゃ無いかと思うくらい、夢中でお喋りになられます。

義母の年齢で、夢中になれる事があると言う事は良い事だと思いますが、無理矢理に私をその話に付き合わさせるよりも、同じ趣味の方と語らい合う方が良いのでは無いかと思ってしまいます。

じゅこ
今後同居などの問題も出てくるはずですが、そうなると一日中義母の話に付き合わされるんじゃ無いかと、今から恐怖でいっぱいの私なのです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
おすすめの記事