ご訪問ありがとうございます。

今回の話題は、1歳の息子を連れて義実家へ帰省した時のお話です。

息子に離乳食を食べさせようとしたのですが、義実家には子どもが扱えるお茶碗が一つもありませんでした。

義母は高い陶器を集めるのが趣味なので、普段使っている食器も高そうな○○焼きの陶器なのです。

ご飯用のお茶碗だけで無く、お味噌汁を頂くお椀も陶器です。

おかず用のお皿も当然陶器で、万一子どもが投げたり、落としたりして割ってしまったら•••と思うと怖くて使わせて貰うのに躊躇っていました。

すると、主人が食器棚の奥から、タッパーを出して来ました。

私は主人の出してきたタッパーに離乳食を入れて、子どもに食べさせていました•••ところが。

急に義母がやって来て、タッパーを見て怒り出したのです。

義実家のタッパーは、義母が40年前に購入した、本物のタッパウェアー製の製品で、当時とても高価な物だったそうです。

義母は今だにその高価なタッパーを使ってしまうのが勿体無いようで、戸棚の奥に仕舞い込み、大事に保管してあるようなのです。

使わずにしまってある方がよっぽど勿体無い気がするのですが…💧

ランキング参加しています。

下のバナーをクリックで応援頂けますと
泣くほど嬉しいです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事