義母の大事なタッパー

おすすめポイント

ウチの義母は義実家にある大量のタッパーを勝手に使うと怒り出します。

40年前に大金を出して購入したタッパーらしく、勿体無いので使えずに、新品同様で保管されている物も多数あります💧

⬆️第一話から読めます。

高価だったタッパー

じゅこ
今回の話題は、約8年前、離乳食期の1歳の息子を連れて、義実家へ帰省した時のお話です。

息子に離乳食を食べさせようとしたのですが、義実家には子どもが扱えるお茶碗が一つもありませんでした。

義母は高い陶器を集めるのが趣味なので、普段使っている食器も高そうな○○焼きの陶器です。

ご飯用のお茶碗だけで無く、お味噌汁を頂くお椀も陶器です。

おかず用のお皿も当然陶器で、万一子どもが投げたり、落としたりして割ってしまったら•••と思うと怖くて使わせて貰うのに躊躇っていました。

すると、主人が食器棚の奥から、タッパーを出して来ました。

私は主人の出してきたタッパーに離乳食を入れて、子どもに食べさせていました•••ところが。

急に義母がやって来て、タッパーを見て怒り出したのです。

義実家のタッパーは、義母が40年前に購入した、本物のタッパウェアー製の製品で、当時とても高価な物だったそうです。

義母は今だにその高価なタッパーを使ってしまうのが勿体無いようで、戸棚の奥に仕舞い込み、大事に保管してあるようなのです。

使わずにしまってある方がよっぽど勿体無い気がするのですが…💧

40年前のタッパーウェアー

私の実家にもタッパーウェアー製の保存容器(日本ではそれをタッパーと呼ぶ)が大量にあります。

食材を冷蔵庫で保存する為の容器だったり、大きなボールのような容器だったり、ゼリーやババロア用の型みたいなのや食パンを入れて置く容器、スープなど液体を入れる細長い容器まであります。

私が生まれる前から実家にはタッパーウェアー製品が台所のスタンダードだったので、あるのが当たり前、と言う認識しか無かったし、実家の母はそれらの製品を特に大事にする様子もなく普通に使っていて、無論、子どもの離乳食用に使っても、別に文句も言いません。

結婚して義実家に行くようになり、義母がタッパーウェアー製品を異常に大事にしているのを見て、初めてこの製品は非常に高級品で、当時大変なお金を払って購入された物だと知りました。

そこからタッパーウェアーについてググったりして、タッパーウェアーの商法などを知りました。(このブログでそれを詳しく書くことはしません。)

今でこそネットが発達して本当に良いものを適切な情報を仕入れて買えますが、当時は皆んなが買うから…となったら自分も…と言う感じだったのでしょうか。

じゅこ
ちなみに私は食べ物の保存容器はニトリの耐熱ガラス保存容器を使っています。

一個300円台で買えて、レンジでも使えて、とても便利です。(今の時代に生まれてよかった😭)

最後までお読み頂きありがとうございました。

ランキングサイトに登録しています。

下のバナーからランキングの応援をお願いします!

Twitterでフォローしょう