地元工務店に就職し、リフォーム部に所属する事になった私は、中々動こうとしない上司達にイライラしながらも、毎日の業務をこなしていました。

リフォーム部専用のショールームを構える事になり、コーディネーター兼事務の猫美さん(多分40代バツイチ、孫持ち)がショールームのキッチンをコーディネートする事になったのですが…

当時(約20年前)頃より、建築業界では急速にIT化が進み、図面やデザインボードなどはほとんどデジタルで描かれる様になりました。

設計関係の求人ではCAD(パソコンで図面を描くソフト)スキルが必須で、コーディネーターさんの仕事にも当然必要でした。

図面も描けない、CADも使えない、そんな猫美さんが、なぜ事務員を兼ねて(しかも電話にもほとんど出ない)とは言えコーディネーターに採用されたのか、私には全く理解が出来ませんでした。

次回へ続く…

ランキング参加しています。

下のバナーをクリックで応援頂けますと
泣くほど嬉しいです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事