ご訪問ありがとうございます。

先日義実家の台所を断捨離したい!と言う記事を書きましたが、今回は居間編です。

⬇️こちらが義実家の居間の現状です。

まず、この部屋は寝室ではなく居間です。

他にも部屋はありますが、物だらけゴミだらけで使える状態では無いので、義母は居間で寝起きをしています。(私達は帰省中、その半物置の部屋で寝起きしなければなりません。)

以前書いたキッチンの現状とこの居間を見ても、義母が気ままに暮らす分には良いかもしれませんが、私達が帰省の際にはゆっくり寛いで食事をするようなスペースすら無いことがお分かり頂けるかと思います。

それでは居間の現状を説明します。

六畳程の和室には、巨大な桐のタンスが二つ、どーんどーんと壁際に配置されています。

しかし、この部屋の主人公とも言えるべき存在感のあるそのタンスは、もう十数年も開けられたことすらありません。

中にはもう着ない服がごちゃごちゃ。

居間の中心にはコタツ用のテーブルが置いてありますが、何故かデスクトップPC関係の物がごちゃごちゃ、何に使うつもりなのか、スキャナー付きカラープリンターまであります。(タブレットも持っているのに💧)

その奥にテレビとテレビ台が置いてありますが、せっかく外に出る為の吐き出し窓があるのに、窓の前にテレビがあって、窓は使えません。それどころか、カーテンも閉めっぱなしで、部屋自体の暗さを演出してしまっています。

そして、この居間の一番の断捨離ポイント、それは昔旦那や義弟が使っていた学習机が、当時の教科書も入れっぱなしでまだ放置してあるのです。

男の子の使っていた学習机は、シールやら落書きやらでぐちゃぐちゃ。

折角の居間の雰囲気を壊しているどころか、空間そのものを奪い、邪魔な存在でしかありません。

是非私はこの居間を断捨離して、⬇️こうしたいと考えました。

何十年も使っていないタンスと学習机は、思い切って中身も全部処分し、PCラックか、簡単なデスクを買ってPC関係を集約。

よく読む本や、PC関係の説明書などは安いカラーボックスでも置いて保存。

配置も変えて、吐き出し窓から屋外へ出入り出来るようにして、屋外の窓際にプランターで家庭菜園を作り、室内から野菜の成長を楽しんだり、世話をしたり、出来た野菜でぬか漬けを作ったり•••考えただけでワクワクします。

押し入れには主人や義弟の学校用具が未だに押し込められていたりします。

それも全部捨てて、プラスチックケースで洋服や日用品を管理。

上の絵にはソファーベッドを配置しましたが、布団でも良いでしょう。

布団の上げ下げは意外と良い運動にもなります。

どうにかして義実家を⬆️こうしたいのですが、しかし無理矢理させる訳にも行きません。

しかし、せめてあの学習机くらいはもう処分してしまっても良いんじゃなかろうか。

次回へ続く…

ランキング参加しています。

下のバナーをクリックで応援頂けますと
泣くほど嬉しいです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事