この記事は⬆️の記事から順に読んで頂けるとありがたいです。

以前書きましたが、20年前に勤めていた会社のリフォーム部で新たにショールームをオープンする事になり、一緒に働いていた事務兼コーディネーターの猫美さんがショールームのキッチンをコーディネートされました。

猫美さんは過去に様々なお仕事をされていましたが、建築に関してはほぼ素人で、図面も描けません。

猫美さんが仕事は出来る方だと言う事はわかっていましたが、今まで建築に関わって来なかった方がショールームのキッチンのコーディネートをされる事に、若かった私はまだ納得出来ていませんでした。

兎にも角にも、ショールームは出来上がり、キッチンメーカーの営業の方がプレゼンの講習に来てくれました。

猫美さんは頼りないメーカーの営業の方より、キッチンの事を熟知されていました。

コーディネートしながら、キッチンの材質や細かい機能もしっかり頭に叩き込んでらっしゃったようで、いつでも接客出来るレベルでした。

ショールームのキッチンのコーディネートと言うと、扉の色や形、収納などを自分好みに選ぶ位にしか考えていなかった私は、猫美さんの仕事ぶりを見て、自分が恥ずかしくて仕方ありませんでした。

次回へ続く…

ランキング参加しています!

下のバナーをクリックで応援頂けますと、
明日のブログ更新の糧となります!

コメントお問い合わせはTwitterまで!