私が主人と結婚前に初めて主人の実家に挨拶に伺ったのが、15年前のお正月でした。

その時、姑は呉汁という、郷土お雑煮を作り、私をもてなしてくれました。

私は京都府出身で、お雑煮と言えば透明なすまし汁に金時人参と大根三つ葉などと一緒にお餅を入れるのが定番で、煮た大豆をすりおろして入れると言う、呉汁、のお雑煮は初めての体験でした。

この後、

お腹の弱い私は案の定お腹を下し、

お正月早々ひどい目に合いました。

このお正月から半年後に私達夫婦は結婚式を挙げました。

そして嫁として初めて迎えたお正月•••

きっと今年はあの呉汁のお雑煮を一緒に作る事になるだろう。またお腹を壊すかもしれないのでお腹も含め、かなりの覚悟で年末年始の帰省に臨んだ私だったのですが、

あの時初めて呉汁を作った、手間がかかるのでもう作らない

との話を姑から聞き、お腹も含め、私は呆然とさせられたのでした。

ランキング参加しています。

下のバナーをクリックで応援頂けますと
泣くほど嬉しいです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事