建築会社のリフォーム部で働いていた20年前のじゅ子。

ある日、こんなお客様からの引き合いの電話がありました。

リフォームの仕事は、そのお宅の状況によって金額の上下が激しく、きちんとした金額が読みづらい仕事です。

お客様がこのくらいの金額と予算を立ててらっしゃってても、状況によって金額が上がる事が多いのです。

知り合いや親戚などからの依頼だと、予算と合わなかった場合断りづらい事もあり、この会社では出来るだけ身内からの仕事は受けないとの暗黙の了解のような物がありました。

仕事は受けるよりもお断りする方が大変な体力を使います。

様々なお客様がおられ、良い上司や仕事仲間に囲まれ、20年前の私は一日一日成長して行ったのでした。

次回続く…

ランキング参加しています。

下のバナーをクリックで応援頂けますと
泣くほど嬉しいです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事