電子ケトルの電気代?

おすすめポイント

電子ケトルで沸かそうが、IHで沸かそうが、お湯を沸騰させるまでの時間×ワット数で考えたら、電気代はほぼ同じだと思うんですが…。

なんなら沸かしすぎの無い電子ケトルの方が、電気代は安い可能性もあります💧

⬆️第一話から読めます。

コストコで買った1、7リットル用電子ケトル

じゅこ
我が家では息子が学校に持っていく為の麦茶を、毎日沸かしています。

以前はヤカンで沸かしていたのですが、コストコで1、7リットル沸かせる電子ケトルが売っていたので、それを購入してからは、電子ケトルでお湯を沸かし、麦茶用のタンブラーにティーパックと沸かしたお湯を入れて一晩置いて置きます。

ヤカンで沸かしていた時は、お茶を沸かすのがとても面倒だったのですが、この方法でやりだすととても楽ちんで、電子ケトル様々です。

麦茶の沸かし方への文句

しかし、義母はそんな私のお茶の沸かし方にまで、どうやら文句があるようです。

どうも、義母の中では電気ケトルで大量のお湯を沸かすと電気代が大量にかかると思い込んでいるようなのです。

確かに、電気ケトルは素早くお湯を沸かす為に、瞬間的に多くの電気を使います。

でも、多くの電気を使う代わりにお湯の沸く速度は速いのですから、ワット数×時間で実際出力された消費電力は水の沸点が違わない限り、どの電気器具で沸かしても変わらないはずです。(私は電気に詳しく無いので、違っていたらすみません😅)

保温機能のあるポットを使うと、保温の分電気代は高くなりますが、電気ケトルはお湯が沸いたら自動で電源が切れてくれます。

IHコンロにはお湯が沸いたら自動で電源オフと言う機能は付いていないので、何なら沸かしすぎの無い電子ケトルの方が安く済む可能性もあります。

一体麦茶の沸かし方の何にこだわっているのか…たまにこう言った???なこだわりが、私をイライラさせてしまうのです。

ちなみに義母は緑茶やコーヒーは、普通に電気ケトルで沸かして飲んでいます。

じゅこ
何故麦茶だけ?

ちなみに消費電力に関してですが、以前私達が住んでいた自宅は太陽光発電パネルが設置されていました。

太陽光発電自体はあまり役立ってはいませんでしたが、オプション?で、リアルタイムでどのくらい電気を使っているか分かる端末が付いていました。

使いすぎになるとランプが点いて教えてくれるので、とても便利でした。

何も電気器具を使ってないのにランプが点いていたりすると、知らない間に電気給湯器が昼間追い焚きになっていたりして、無駄な電力が一目でわかり、かなり電気代の節約になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

ランキングサイトに登録しています。

下のバナーからランキングの応援をお願いします!

Twitterでフォローしょう