この記事では、自称ミニマリストな私が愛用しているお掃除用品、メラミンスポンジとコストコのペーパータオルについて語っています。

どちらも使い勝手がよく、衛生的にも優秀で使い捨てができるので、コロナ禍のお掃除にはほぼ必須用品になっていると思っています。

スポンサーリンク

メラミンスポンジについて

可愛いセリアのメラミンスポンジ

じゅこ
私はこのかわいいセリアのミニキューブ型スポンジを心の底から愛用しています。

このメラミンスポンジが無ければ、最早日々の家事をこなす事は出来ません。

キッチン周りの掃除は勿論、洗面台やトイレの手洗いなど、水回り系のほとんどをこのメラミンスポンジで掃除しています。

メラミンスポンジは皆さんご存知の通り、水だけで汚れが落とせて、洗剤を殆ど使う必要が無く、掃除をしたい時にちょっちょっとこするだけで水回り系のお手入れが出来るのが非常に便利です。

水だけでは落ちない汚れがあった場合のみ、ウタマロクリーナーを使って掃除すれば、ほとんどの汚れは落とせてしまいます。

掃除だけで無く、フライパンなどの調理器具を洗う時にもメラミンスポンジを使っています。

食洗機で落とせないこびりつきや焦付きだけメラミンスポンジで落として、あとは食洗機に放り込みます。

色んな百均やホームセンター等でメラミンスポンジは売られていますが、やはり一番使い勝手が良く、見た目も可愛いのは、先ほどから何度も書いている、セリアのミニキューブ型メラミンスポンジです。

一度使ったら捨ててしまう物なので、大きめの物より、出来るだけ小さい物が無いのかと思っていた所、この製品を発見して感涙したものです。

うちでは使いたい時にすぐ使えるように、こんな風にミニキューブメラミンスポンジを机に置いています⬇️

どっからどう見ても角砂糖に見えてしまうので、知らない方には注意が必要です😄

便利さと環境への影響

とっても使い勝手が良くて便利なメラミンスポンジですが、最近ではマイクロプラスチックが発生してしまい、あまり環境に良くないアイテムの一つとされている様です。

どうやらメラミンスポンジを強くこすって出たポロポロしたカスを下水に流してしまうと、細かなプラスチック粒子が下水の処理を潜り抜けて自然の川や海に放出されてしまい、それをプランクトンと間違えた魚が食べて、マイクロプラスチックが魚達の体内に体積してしまうとの事。

そしてその魚を取って口にするのは結局私達人間で、私達はいつの間にか知らないうちに回りまわって来たプラスチックそのものを食べて、健康への悪影響をも自ら起こしているかもしれないのです。

私は最近その事実を知り、メラミンスポンジを多用していた自分を悔やみました。

そして今では、シンク内や手洗い器など水を下水へ流す箇所での使用は避け、プラスチックごみとして捨てれるように、ゴミ箱の上で使ったり、水回りとは関係ない箇所の掃除(床やガラス窓のこまかな汚れ等)に使うようにしています。

また、ポロポロとしたカスが出ないように、強くこすりすぎたりしない様に気を付けています。

水回りや食器洗いには、メラミンスポンジの代わりに使っているスポンジに関しては、こちらの記事も合わせてお読み下さい↓

スポンサーリンク

ペーパータオルについて

コストコのペーパータオル

じゅこ
コストコのペーパータオルも私の愛用品の一つです。

私が始めてコストコに行き、買ったのがこのペーパータオルです。

初めてのコストコ体験で、周りのお客さんの多くがこのペーパータオルを買われていたので、何を買っていいのか良く分かっていなかった私もつられてしまったのがきっかけだったのですが、使ううちに皆さんが買われている訳が分かりました。

普通のペーパータオルやキッチンペーパーと違い、とにかく耐水性に優れていて、普通の布巾と同じように何度も洗って使っても全然ボロボロにならずに再利用可!

巷では同じような商品も多く販売されていますが、コストコのが一番コスパが良く、大容量なので一度買ったら年単位でストックしておけます。

私も約二年前に買ったペーパタオルセットがまだ2ロールも残っていて、二年かかってやっと新しいセットを買いに行けるレベルです。

拭き掃除や水回りの掃除にも

どうやって使っているかと言うと、普通に付近や雑巾、スポンジの代わりとして使い、何度か洗って再利用して最終的にはゴミとして捨てます。

最近はコロナの影響で家庭内でも高い衛生レベルが求められていますが、消毒液を使ってのドアの取っ手部分の掃除や、電灯のスイッチ部分など、水回り以外で良く手で触れる部分の掃除にもとても役立ちます。

こちらはプラスチックでは無く紙なので、万一繊維が下水に流れてしまってもプラスチック程の大きな環境への影響にはなりません。

なので、今までメラミンスポンジで落としていたしつこい油汚れなども、このペーパータオルをスポンジ代わりに軽く洗ってから食洗器に入れる…と言う使い方もしています。

勿論床拭きやトイレ掃除、窓ふきなどにも使えて家中のお掃除がこれで出来ます。

ちなみに普通のキッチンペーパーの様に揚げ物の油を切る用途にも普通に使えるので、一石二鳥なミニマリスト向けアイテムでもあります。

スポンサーリンク

掃除や洗い物は手間無くスマートに!

私は上に書いたメラミンスポンジとコストコのペーパータオル、そしてウタマロクリーナーの三種の神器でほぼすべての家庭内のお掃除をしています。

トイレの便器内はスプラビングバブルの流せるトイレブラシを使っていますが、その他の便座や床、壁などもペーパタオルとウタマロさえあれば簡単にお掃除できます。

基本部屋のお掃除は掃除機をかけて、たまにペーパータオル使っての床や窓の水拭き、汚れが酷い箇所はウタマロクリーナーで落とす、ウタマロでも落ちない汚れはメラミンスポンジで落とす…と言うのがウチの流れです。

家具や家電の上の埃は、ハンディー掃除機で取って、汚れは同じくペーパータオルで拭き取ります。

掃除は毎日やっていますが、この方法でやり始めてから掃除の時間が大幅に短縮出来、かつ綺麗で衛生的にお掃除出来るので、掃除への抵抗感が減って家事へのストレスも減りました。

お掃除や洗い物など、毎日やらなくてはならない物は出来るだけ手間を減らし、スマートにかつ衛生的に出来たら少しずつ時間の貯金が出来て、その時間貯金を筋トレやブログ作成など別の事に使えます。

ですので、自称ミニマリストの目指す効率的な家事には、今のところメラミンスポンジとペーパータオルは必須です。

どちらも安価で手に入る時代なので、使い方には注意し環境への配慮も十分しながら上手に楽家事を実現して、時間の有効利用をする事こそがミニマリストの真骨頂だと思うのです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしょう