私は約10年前から食器洗い乾燥機を愛用しています。

据え置き型、ビルトイン型合わせて3台の食洗器を今まで使って来ましたが、使い始めると以前の手洗いには戻れません。

なのでスポンジと洗剤はすでに断捨離済ですが、食洗器をかける前の下洗い用に最近はセリアのシリコンスポンジを使っています。

シリコンスポンジはそれ自体を食洗器で洗えるのがとても秀逸で、手放せないアイテムです。

スポンサーリンク

便利すぎる食洗器

最初に買ったのは据え置き型食洗器

私は食洗器大好き主婦です。

私が初めて使った食洗器は、約10年前に購入したパナソニックの据え置き型食洗器でした。

当時は賃貸の社宅に住んでいたので、据え置き型しか選べなかったのですが、初めて使った時の感動は今でも忘れられません。

毎日毎日洗っても洗ってもキリがない食器類…それなりに頑張って料理をして、食べて、さあゆっくりしたい…と思ったら大量の食器やら調理器具やらを洗って拭いて片付けての作業は、地味に主婦の体力気力を奪って行きます。

冬場は手荒れもするし、水や洗剤の節約も頭に置きながらこなさなければならないのが、昔の私の家事中の苦痛でした。

その頃はバイトをしながら妊活もしていた時期だったので、少しでも家事の手間を省いて忙しい日常にひと時の安らぎを…と思い食洗器の購入に踏み切ったのです。

実際購入して使ってみると、あまりの便利さに「もう手洗いには二度ともどれない…」とさえ思いました。

ただ、据え置き型だったので、キッチン内が狭くなってしまうのは少しマイナスポイントでした。

憧れのビルトイン型食洗器

その数年後マイホームの購入に至ったのですが、私のマイホーム選びはビルトイン食洗器があるかどうかを最優先しました。

私達はとあるハウスメーカーの展示場だった新古物件を購入したのですが、システムキッチンにはしっかりとビルトイン食洗器が組み込まれていて、即購入を決めたくらいです。

間取りは住んで慣れればいいし、家具の配置で住やすい空間はどうとでも作れるので、とにかく私はビルトイン食洗器があるかどうか一択で住居選びをしたのです。

ビルトインの食洗器はキッチン内もすっきりするし、据え置き型よりも大きなお鍋なども洗えて、本当に重宝しましたし、家事時間の節約にもなりました。

三代目食洗器は据え置き型の工事不要タイプ

そしてまたその後、主人の転勤でマイホームを置いたまま、また別の場所に引っ越し賃貸の社宅住まいに戻ったのですが、食洗器の便利さを忘れる事が出来ず、三代目の据え置き型食洗器を購入して、今現在使っています。(以前使っていた据え置き型は実家の母にあげてしまいました。)

その時使っていたのは据え置き型ですが、給水を手動で行うタイプなので、賃貸物件で給水工事が出来ない場合でも大丈夫な製品です(アイリスオーヤマ製)。

ただ、今までビルトインの全自動を使っていたので、手動で給水を行うのが多少面倒ではありました。

大きな調理器具なども入れる事が出来ないので、それは別に洗わないといけないのも非常に面倒です。

やはり食洗器のキングはビルトインタイプだと思います。

(現在はまた自宅に戻る事が出来たので、ビルトインタイプの食洗器を使っています。)

そしていらなくなったスポンジと洗剤

食洗器を使い始めると、必然的にキッチンスポンジと洗剤はあまり使わなくなります。

据え置き型なら大きめのお鍋やフライパンは自分で手洗いしなければなりませんが、ビルトインならそれらもすっぽり入るので、食べ残しやこびりつきを軽く水洗いするくらいで、洗剤を付けてゴシゴシする必要もありません。

朝起きた時にキッチンに物が置いてあると、寝起きでそれを片付けてから使わなければいけないのが嫌で、寝る前には完全に何もない状態にしています。

スポンジや洗剤も無いと、液だれとかスポンジの水分からの水垢とかが付かなくてとても快適です。

スポンサーリンク

スポンジも食洗器で洗いたい!

色んなものを食洗器で洗う私

こんな食洗器大好き主婦の私ですが、食器や調理器具だけでなく、他の物も食洗器で洗いたいと言う欲求が生まれました。

一応口に入る食器を洗う食洗器なので、衛生的に無理な物を洗うのはためらいますが、例えばキッチンシンク内の排水溝の水切りなどは、ゴミなどを放置してしまってヤバくなっている状態でなければ、食洗器で一緒に洗ってしまいます。

料理が終わってすぐなら、ゴミを取り除けば水切りはまだ清潔な状態ですし、私的には食洗器で一緒に洗う事に抵抗は無いです。

他にも、冷蔵庫内の卵入れや取り外せる棚類も食洗器で洗っています。

魚焼き用のグリルもばらして食洗器にINですし、キッチン周りの洗えそうなものはほぼすべて食洗器で洗っていると言っても過言では無いです。

スポンジも食洗器で洗えないのか

そんな私ですが、いつの日からか、

「食器洗い用のスポンジも食洗器で洗えないものだろうか…。」

と思うようになりました。

スポンジは断捨離済と上に書きましたが、油汚れがひどい場合やこびりつきがある時は食洗器に入れる前に下洗いは必要なので、今まではそれを落とすためにメラミンスポンジを使って落として、使い捨てにしていました。

しかし、メラミンスポンジはマイクロプラスチックの問題などがあって、こすりすぎてボロボロになった物を下水に流してしまうと環境に良くないとの事実を知ったのと、やはり使い捨てはお財布にも優しくありません。

かと言ってまた普通のスポンジを復活させるのも嫌…。

私の理想としては、下洗いをしたそのスポンジ自体もそのまま食洗器で洗えて、長期間使えてお財布にも優しいのがベストなのですが、今年に入りやっとその理想のスポンジに出会えました。

スポンサーリンク

セリアのシリコンキッチンブラシ

↓それがこちらの商品です。

正式名称はシリコンキッチンブラシであり、スポンジではありませんが、食洗器に入れる前の下洗いや、シンク内を洗うには十分すぎるほど使えます。

そして、しっかりと食洗器対応と書いてあり、食器類と一緒に食洗器で洗えます。

一年ほど前からTwitterを中心に話題になっていた商品らしいのですが、やはり普通のスポンジに比べると、洗剤の泡立ちが少なく、使いにくいと言う意見もあるようです。

当然普通のスポンジのように洗剤を付けて洗うなら、この商品が使いにくいのは当たり前です。

しかし、食洗器の下洗い用専用と考え、食洗器で洗えると言うメリットを考えると私は十分すぎる性能だと思っています。

(万一販売停止になると困るので、我が家には数十個のストックがあります。)

ちなみに、このシリコンブラシでも洗いきれない油汚れはコストコのペーパータオルで拭き洗いしたり、下水にカスを流さないように気を付けて、メラミンスポンジを使ったりしています。

↑こんな風に、我が家では元々スポンジ用の水切りをかける為の突起に、シリコンブラシをかけています。

シリコンブラシのひっかけ部分もシリコン製で、伸び縮みが柔軟なので、色んな所にひっかけやすいのも非常に秀逸で、我が家にぴったりの無くてはならないアイテムです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしょう